【試乗インプレッション】「CB400スーパーフォア」新生VTEC「REVO」を引っさげて堂々デビュー

000

 東京モーターショーで市販予定車として出品された次期CB400スーパーフォア/スーパーボルドールが発売を開始した。
 最大の変更点は燃料供給のフューエルインジェクション化。採用の主目的は新排出ガス規制への対応で、エキゾーストパイプの集合部2ヵ所にキャタライザーを内蔵したオールステンレス製の新型マフラーを組み合わせて規制値をクリアしているが、同時にインジェクションの利点をフルに活かして、始動性やアイドリング安定性、スロットルレスポンスの向上も図られている。サイレンサーそのものもサイズアップされ、静粛性が高められた。
 エンジン回転数に応じて2バルブと4バルブを使い分けるハイパーVTECは、2バルブ→4バルブの切り替えポイントを1~5速で6300回転、6速で6750回転としたこれまでの『スペック3』をベースに、新たにアクセル開度を制御項目に加えた『ハイパーVTEC・Revo』へと進化。
 1~5速で6300回転を超えても、アクセル開度が一定以下ならば6750回転まで2バルブを維持。6300回転以下でもアクセル開度が一定以上になった場合は瞬時に4バルブ作動へと切り換え。6速においてはアクセル開度に関わらず6750回転で4バルブに切り換えるように制御。燃費と加速性能を高いレベルでバランスさせている。
 エンジン外観もシリーズ初のオールシルバー仕上げを採用したほか、ダミーフィンの数を減らし、クランクケースカバーのデザインを変更するなどして、水冷エンジンらしい引き締まったイメージを強調。同時に2kgの軽量化も図られた。
 車体関係ではフレームおよびスイングアームの剛性バランスの見直しを実施。外装デザインに変更はなく、グラフィックも現行型の基本デザインを踏襲しているが、サブラインの取り回しや太さを変え、サイドカバーをボディ同色とすることで、燃料タンクからテールカウルへのつながり感を高めている。
 リアブレーキへの入力を自動的かつ理想的にフロントにも配分する前後連動コンバインドブレーキと、急制動時のタイヤロックを抑制するABSを組み合わせた、コンバインドABS仕様も新たにラインアップされた。

001スタイリングはスポーティで軽快なイメージが好評だった従来モデルのものを引き継いでいる。カラーリングは新色が採用され、カラーオーダープランも設定された。写真はABS仕様車。002アナログ+液晶を組み合わせるユニット本体は流用。センターの警告灯にFI関連が追加され、方向指示灯がメーター下に移動。003前後輪連動タイプのコンバインドABSの装備モデルもラインアップ。急制動時などの安定性を高める装備だ。ローター内側に見える細かなスリットはその制御センサー用のもの。004リアサスなどは従来モデルを基本的に踏襲。サイレンサーは一見従来モデルと同じように見える。しかし、サイズアップで容量を増やしていて、排気音量を低く抑えているのだ。005サイドカバーはこれまでブラックアウトされていたが、新型ではカラーリングが施され一体感をアップ。006エンジン本体は定評のあるハイパーVTEC SPEC3をベースにFI化でポテンシャルアップ。外観デザインはより機能美を感じさせるように一新され、エキゾーストもスチールだったのが質感の高いステンレス製のものに変更されている。

情報提供元 [オートバイ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る