MotoGP レディングのクルーチーフがレース戦略を称賛

電気系のトラブルが原因で2号車への乗り換えを強いられた新人レディングだったが、結果的に週末に追求していたフロントエンドのフィーリングが良くなると、デビューレースでは、アグレッシブな走りとタイヤを温存した冷静な走りで、ホンダ市販車勢の最高位に進出した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る