MotoGP レディングのクルーチーフがレース戦略を称賛

電気系のトラブルが原因で2号車への乗り換えを強いられた新人レディングだったが、結果的に週末に追求していたフロントエンドのフィーリングが良くなると、デビューレースでは、アグレッシブな走りとタイヤを温存した冷静な走りで、ホンダ市販車勢の最高位に進出した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲画像は公式サイトのスクリーンショット ボウが卓越した走破姓を披露 ---Honda公式サイ…
  2. ハーレーダビッドソン ジャパンは、2月3日(日)より5月31日(金)までの期間でヒルトン東京…
  3. ▲FZS-FI ヤマハ発動機は、近年のFZシリーズに共通する筋肉質な造形デザインと快適な走りを…
  4. ストリートトリプルも試乗車として用意 Triumph Motorcycles主催のライディ…
ページ上部へ戻る