MotoGP レディングのクルーチーフがレース戦略を称賛

電気系のトラブルが原因で2号車への乗り換えを強いられた新人レディングだったが、結果的に週末に追求していたフロントエンドのフィーリングが良くなると、デビューレースでは、アグレッシブな走りとタイヤを温存した冷静な走りで、ホンダ市販車勢の最高位に進出した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【ビッグマシン・ゼロ:文-青木タカオ 写真-ピレリジャパン】 スポーツモデル並みの高出…
  2. 【ビッグマシン・ゼロ:文-中村友彦 写真-渕本智信/ピレリジャパン】 '10年のSTに…
  3. 東日本高速道路株式会社と中日本高速道路株式会社は、今年も長野県内の高速道路が定額で乗り放題と…
  4. ▲R-BOXのイメージ 鈴鹿サーキットは、「”コカ・コーラ” 鈴鹿8時間耐久ロードレース …
ページ上部へ戻る