MotoGP レディングのクルーチーフがレース戦略を称賛

電気系のトラブルが原因で2号車への乗り換えを強いられた新人レディングだったが、結果的に週末に追求していたフロントエンドのフィーリングが良くなると、デビューレースでは、アグレッシブな走りとタイヤを温存した冷静な走りで、ホンダ市販車勢の最高位に進出した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダの軽バン「N-VAN(エヌバン)」が、第28回(2019年次)RJCカーオブザイヤー特…
  2. ※イメージ画像 国土交通省・経済産業省は、国立研究開発法人産業技術総合研究所に委託して開発した…
  3. ※第4回 Night Rider Meeting プレスリリースより BMW Motorr…
  4. ▲BRUTALE 800 RR PIRELLI MVアグスタは、11月10日(土)「BRUTA…
ページ上部へ戻る