ホンダ、MotoGP学科 21限目 – 「ファクトリーオプション」vs「オープンカテゴリー」の条件改定

いよいよ2014年シーズンのMotoGPが始まった。MotoGPクラスのライダーたちが戦うマシンは、排気量に関しては昨年と同じ1000ccだが、今年からECU(Electronic Control Unit:エレクトロニック コントロール ユニット)ソフトウェアの種類によって「ファクトリーオプション」と「オープンカテゴリー」という分類に分かれることになった。

MotoGPを運営するDORNA(ドルナ)が配布する共通ECUソフトウェアを使用する車両がオープンカテゴリー、メーカーが独自に記述するソフトウェアを使用する場合はファクトリーオプションという区分だ(20時限目「ファクトリーオプションとオープンカテゴリーの話」参照)。

当初、このクラス内分類は、昨年までのプロトタイプとCRT同様に、各メーカーのファクトリーとサテライトチームがファクトリーオプション、プライベート系チームがオープンカテゴリーのレギュレーションで戦うことを想定したものだった。しかし、プレシーズンテスト終了直前に、プロトタイプマシンに共通ECUソフトウェアを使用してオープンカテゴリーへ参戦するチームが現れた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る