HONDA、クロスカブ110のサービスキャンペーン

■改修の開始日
平成26年4月1日

■不具合の内容
フロントフェンダー後部の泥はね防止構造が不適切なため、雨天走行等でフロントタイヤより巻き上げた砂等がスロットルボディへ飛散し、ストップスクリューとスロットルドラム間に噛み込むことがあります。そのため、スロットルグリップを戻してもエンジンの回転が下がらなくなるおそれがあります。

■改善の内容
スロットルボディを洗浄するとともに、フロントフェンダーにマッドガードを取り付けます。

■使用者に周知させるための措置
ダイレクトメール等で通知します。

車名
型式
通称名

対象車の車台番号の
範囲及び製作期間

対象車の台数
備考
ホンダ
EBJ-JA10
クロスカブ110

JA10-4000201〜JA10-4003887
平成25年4月6日〜平成26年2月28日

3,687
 
 
(計1)
(計1車種)
(製作期間の全体の範囲)
平成25年4月6日〜平成26年2月28日
(計3,687)
 

■対策後の識別
スイングアーム右側付近に銀色のラベル(KB75)を貼り付けます。

関連記事

編集部おすすめ

  1. BMWは、今夏8月3日に日本公開予定の「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」の映画鑑…
  2. ※鈴鹿サーキット 公式サイトより抜粋 ジョナサン・レイ 3日目総合トップタイムを記録 K…
  3. 初の試み「ファン向け公開記者会見」を実施! Hondaウエルカムプラザ青山は、7月22日(…
  4. 高速道路上での燃料切れ防止を目的とした社会実験 NEXCO中日本は、2018年7月14日(…
ページ上部へ戻る