【新車】HONDA、新コンセプトモデル「NM4」を大阪モーターサイクルショーで世界初公開

Hondaは、「第30回 大阪モーターサイクルショー2014」の会場においてプレスコンファレンスを開催し、新コンセプトモデル「NM4(エヌエムフォー)」の2タイプを参考出品車(市販予定車)として世界初公開しました。

このNM4は、「近未来」と「COOL」を開発のテーマに設定し、これまでのモーターサイクルとは一線を画した新感覚で独自のスタイリングを追求したモデルです。

▼NM4-01(マットバリスティックブラックメタリック)

▼NM4-02(パールグレアホワイト)

デザインは、コンセプトに掲げた「フロントマッシブスタイリング」と、ライダーが潜り込むようにして車両との一体感を重視した「コックピットポジション」を具現化しています。この低く構えたコックピットポジションと、アジャスタブルタイプのバックレストによって、新感覚のライディングフィールを楽しむことができます。また、見やすさと楽しさを表現したインストルメントパネル越しに見える風景は、映画の世界に入り込んだかのようなNM4ならではの世界を提供します。

力強さを表現したフロントフェアリングには、LEDヘッドライトを採用。また、テールランプとウインカーにもLEDを採用しています。なお、フロントフェアリングの左右には、小物などを収納できるユーティリティーボックスを設けています。

バリエーションは、ワイドで迫力のあるリアタイヤとローフォルムを強調し絞り込んだスタイリングの「NM4-01」と、独特の存在感とボリュームのあるリアデザインの「NM4-02」の2タイプを設定しています。NM4-02の左右のリアボディーには、ユーティリティーボックスとしての機能を持たせています。

このNM4は、3月28日(金)から30日(日)まで東京ビッグサイトで開催される「第41回東京モーターサイクルショー」にも出展します。

■NM4の概要
・全長×全幅×全高(mm):2,380×810×1,170
・シート高(mm):650
・エンジン型式:水冷・4ストローク・OHC・直列2気筒
・総排気量(cm3):745
・トランスミッション:デュアル・クラッチ・トランスミッション(標準装備)
・タイヤ:前 120/70ZR18M/C(59W)、後 200/50ZR17M/C(75W)

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ストリートトリプルRS クリスタルホワイト トライアンフは、2019年モデルの「ストリートト…
  2. 蘇る伝説!キング・ケニーも愛した黄金のホイール! モーリスマグが限定復刻! 1970…
  3. 400ccクラスでツーリングをしたい方にオススメのバイク ライダーの皆さんがバイク選びをす…
  4. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
ページ上部へ戻る