【新製品】OGK KABUTO、”アウターサンシェード”を標準装備したオープンフェイスモデル「アフィード・J」を発売

チンカバーが開閉できるチン・オープンシステム採用の「AFFID(アフィード)」は、開閉・着脱が可能な新発想の”アウターサンシェード”を装備したアーバンモデルです。
 そのAFFIDをベースとした、新たなオープンフェイスタイプ「アフィード・J」を発売しました。

 多機能なアフィードの特徴のひとつ、アウタータイプの大型※サンシェードは、日差しが強いときにお使いいただけることはもちろん、夜間走行時や雨天時などは全開状態にすることができます。ツーリング走行時などに必ず出くわすトンネル進入時の暗順応対策にも有効です。また取り外して付属のシールドカバーを取り付けることで、サンシェードが無い状態でも使用可能です。

※ 同機能を持つ従来モデル「バレル・J」比、5mm延長タイプのサンシェードを装備しています。

■AFFID-J(アフィード・ジェイ)
 価 格:18,000円(+消費税)
 サイズ:S(55-56cm)、M(57-58cm)、L(59-60cm未満)、XL(60-61cm)
 規 格:SG(自動二輪車用)
 カラー:ホワイトメタリック、ブラックメタリック、フラットブラック、シャイニーレッド

・開閉脱着が可能なアウタータイプのサンシェードを標準装備。
 ・UVカット効果のある専用シールド、クリアタイプを標準装備。
 ・インナー、チークパッド、あごひもカバーをすべて外せる内装フル脱着システム。
 ・エア流入量を向上させたシャッター機能付きエアベンチレーションを2ヵ所に搭載。
 ・多段階で微調整が可能なマイクロラチェット式バックルを採用。
 ・専用オプションシールド、サンシェードをラインナップ。


◀TO-6 サンシェード:<スモークタイプ(標準装備)、ライトスモーク=各3,000円(+消費税)、
シルバーミラー、ブルーミラー=各4,000円(+消費税)>

 
 
 
 
 
 
 

◀TO-Jシールド:<クリア(標準装備)、スモーク=各3,200円(+消費税)、シルバーミラー、ブルーミラー=各4,200円(+消費税)>


関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは2月21日、4月から新しく展開していく販売ネットワーク「ホンダドリーム」の刷新した店…
  2. 箱根ターンパイクは、道路のネーミングライツを、アネスト岩田が取得したことを発表した。これによ…
  3. Monster Yamaha Tech3は、ジョナス・フォルガー選手の欠場を受け、ハフィス・…
  4. ウェビックTV動画で紹介して以来、かなりヒットしているスマホホルダー「Quad Lock(ク…
ページ上部へ戻る