トライアンフ、「タイガーエクスプローラー/XC」「トロフィー/SE」、ECM(エレクトリックコントロールモジュール)のリコール

トライアンフ・ジャパン株式会社(本社:東京都港区海岸代表取締役:デービッド・ブルーム/DavidBlumeOBE)は、次の内容をセーフティーリコールとして国土交通省へリコール届出をいたしました。

トライアンフモ-ターサイクルのエンジンマネージメントシステムのECM(エレクトリックコントロールモジュール)において、スロットルポジションセンサーからの信号の異常判定方法が不適切なため、車両振動等により発生するノイズを異常と判定することがあります。その場合、フェールセーフ機能が作動してエンジンが停止するおそれがあります。
トライアンフにとってライダーの安全が最も重要と考え、今般のリコールを発表いたしました。

対象のモーターサイクルにはトライアンフ正規販売店にてECMを対策品に交換いたします。
作業時間は約1時間です。
トライアンフは全てのリコール対象のお客様へこのお知らせと最寄りのトライアンフ正規販売店に連絡していただくためのダイレクトメールを発信いたします。

■リコール開始日:平成26年2月26日

【不具合部位(部品名)】エレクトリックコントロールモジュール

【不具合の内容】
エンジンマネージメントシステムのECM(エレクトリックコントロールモジュール)において、スロットルポジションセンサーからの信号の異常判定方法が不適切なため、車両振動等により発生するノイズを異常と判定することがある。その場合、フェールセーフ機能が作動してエンジンが停止する。

【改善の内容】
全車両、エレクトリックコントロールモジュールを対策品と交換する。

【使用者に周知させるための措置】
・使用者:ダイレクトメール及び販売店から電話にて通知する。
・自動車分解整備事業者:対象台数が極めて少数であり、使用者を把握しているので、機関誌等への掲載は行わない。
・対策実施済車には、ステアリングステム部に外−2010のステッカーを貼付する。

【対象の製品名、部品番号、製作期間、対象数】
■VG:タイガーエクスプローラー
SMTV1F11E9C538109〜SMTV1F11E9E610988
平成24年2月23日〜平成25年6月4日 144台

■VG:タイガーエクスプローラーXC
SMTV1F12E9D581537〜SMTV1F12E9E615487
平成25年1月3日〜平成25年7月4日32台

■VX:トロフィー
SMTV2H10E9D574194〜SMTV2H10E9D593084
平成24年11月7日〜平成25年2月21日16台

■VX:トロフィーSE
SMTV2H11E9D601616〜SMTV2H11E9E605407
平成25年3月28日〜平成25年4月16日 3台

(計2型式)(計4車種)
(製作期間の全体範囲)平成24年2月23日〜平成25年7月4日(計195台)

【注意事項】リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれる場合があります。

■お問合せ先:トライアンフコール TEL03-6809-5233

関連記事

編集部おすすめ

  1. 暴れ馬を操ってみたくないか・・・? 現代のバイクとはまた違う加速感を味わえるモンスター…
  2. NEXCO東日本 関東支社は、6月2日(土)に開通する東京外環自動車道(三郷南IC~高谷JC…
  3. ツインリンクもてぎは、10月19日(金)~21日(日)に開催する「2018 FIM Moto…
  4. 梅雨なんか怖くない! 今回は雨でも走り続けるライダーに、防水バッグとスマホケースをご紹介し…
ページ上部へ戻る