[KTM]AMA SX Rd.8 ロクツェンが今季2勝目をマーク ダンジーも3位表彰台を獲得

『2014スーパークロス/第8戦アトランタ』。Red Bull KTMファクトリーチームから450SXクラスに参戦した#94/Ken Roczen(ケン=ロクツェン)は450クラス2勝目&今季2度目の優勝。チームメイトの#5/Ryan Dungey(ライアン=ダンジー)は3位に入り、KTMライダーが2人も表彰台に上がりました。

これによりロクツェンは、ポイントスタンディングスで首位を行くR・ビロポート(カワサキ)に9ポイント差にまで詰め2位。ダンジーは30ポイント差の4位に付けています。250SXクラス東地区第2戦ではRockstar Energy KTMの#52/Cole Thompson(コール=トンプソン)が8位フィニッシュ。Red Bull KTMファクトリーチームから参戦予定の#25/Marvin Musquin(マーヴィン=ムスキャン)は怪我の回復が遅れ、本レースもキャンセルとなりました。

■450SXクラス
迎えた決勝。ロクツェンは3位、ダンジーは5位で第1コーナーを通過。2周目、2位を走行していたJ・スチュワート(スズキ)が転倒。2人のKTMライダーは、ともに順位をひとつ上げます。

2位に上がったロクツェンは、トップを走るM・アレッシー(スズキ)との差を縮めようと猛烈にプッシュ。しかし、その3周後ロクツェンはフィニッシュラインジャンプを含むダブルで痛恨のミス。その隙を突かれビロポートにかわされますが、ロクツェンはすぐにリカバリー。この二人は、バトルをしながら前を行くアレッシーとの差をつめ、そして次の周、2人揃ってフープスでアレッシーをパス。ダンジーもそれに続きます。

それからビロポート、ロクツェン、ダンジーの三つどもえのバトルが続きますが、残り6周となりロクツェンがビロポートにプレッシャーをかけ始めます。その結果、三連ジャンプでビロポートがミス。ロクツェンが首位に躍り出ます。そしてチェッカー。ロクツェンは自身2度目の450クラス優勝。ダンジーは3位でフィニッシュしました。

ロクツェンのコメント: 「勝てて本当にうれしい。やっぱり表彰台の真ん中は気分が良い。そのために時間を惜しんで努力を重ねている。今日は上出来だ。こんな素晴らしいポテンシャルを持つバイクに仕上げてくれたチームにもお礼を言いたい」

ダンジーのコメント: 「3人は本当に接近していた。前を行く2人をパスしようと、何度か違うラインを試したが終盤コースが荒れてきていて、上手く行かなかった。我々は週末のレースに向けハードワークをこなしている。そしてその手応えも感じている。表彰台の真ん中に立つことは、そう遠くないはずだ」

■250SXクラス東地区
決勝のスタートで出遅れたトンプソン。1周目を18位でクリアします。その後徐々に順位を上げ、最終的には8位でフィニッシュしました。

次戦/第9戦は3月1日(土)、インディアナ州インディアナポリスで開催されます。

■450SXクラス 決勝結果:
1. Ken Roczen – KTM
2. Ryan Villopoto
3. Ryan Dungey – KTM
4. Wil Hahn
5. Justin Brayton

Other KTM
9. Andrew Short
11. Matthew Goerke
13. Ivan Tedesco

◎450SXクラス ポイントスタンディング(第8戦終了時点)
1. Villopoto – 166 points
2. Roczen(KTM) – 157
3. Stewart – 140
4. Dungey(KTM) – 136

■250SXクラス東地区 決勝結果:
1. Martin Davlos
2. Adam Cianciarulo
3 Justin Bogle
4. Blake Bagget
5. Vunce Friese

Other KTM
8. Cole Thompson

◎250SXクラス東地区 ポイントスタンディング(第2戦終了時点)
1. Adam Cianciarulo – 47 points
2. Martin Davlos – 45
3. Blake Baggett – 38

7. Cole Thompson(KTM) – 28

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る