[SUZUKI]AMA SX Rd.7 ジェームス・スチュワート アーリントンSXで今季2連勝!

2月15日、テキサス州アーリントンのAT&Tスタジアムで開催されたAMAスーパークロス第7戦、ヨシムラ スズキ ファクトリーレーシングのジェームス・スチュワートが第6戦からの連勝で今シーズン2勝目を挙げた。
スズキRM−Z450を駆るスチュワートはまた、今シーズン最初の2レース連勝ライダーとなり、第7戦終了時点のランキングは3位。現在ランキング2位のK・ロクスン(KTM)にはわずか2ポイント差と迫っている。

前回の第6戦サンディエゴSXで今季初勝利し、10年連続SX450ccクラス優勝の記録を打ち立てたスチュワートは、走りも気分も共に調子を上げ、準備万端でのアーリントン入り。
メインレース前におこなわれる6周回でのヒートレースで、スチュワートは全ラップをトップ走行で終えると、RM−Z450に若干のセッティング変更をおこない、決勝のメインレース20周回へと挑んだ。
予定どおり鮮やかなスタートで飛び出したメインレース、オープニングからの2ラップは2番手につけるも、やがてトップに踊り出るとその後の18周回はスムーズな走りでレースをリード、余裕を感じさせるレース運びで、自身のSX通算47勝目をマークした。

「今日は最高のレースができた。」レース後のスチュワートは自信にあふれていた。
「スタートから完璧に決まったし、このコースは結構走りやすいので自分のペースでスムーズな走りができた。全くノーミスというわけでもなかったが、良い結果が出たので問題ない、パーフェクトなレースだった。先週から続けて勝つことができて最高だ。ヒートレースが終わってメインレースの前、RM−Z450のセッティングを少し変更したが、これがさらに良い方向に改善されて本当に気分良く走れた。チームの皆と自分の信頼関係も最高の状態にある。それに自分自身もとても良い状態にあるし、この勢いで次のアトランタでもぜひまた勝ちたい。」

第8戦は2月22日、ジョージア州アトランタのジョージアドームで開催される。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 今年のテーマは「バイクを通じて得た自分の人生の歓びを再発見する」 ビー・エム・ダブリューは…
  2. 就職するのはちょっと・・・と思ったら ライダーなら知ってて欲しい、世界最大級のバイクパーツ…
  3. これまで東京モーターサイクルショーに展示された様々なZ900RSカスタムを掲載してきたが、ロ…
  4. 2018年4月16日に掲載したCB1000Rのインプレの後半としてMT-10との比較試乗をお…
ページ上部へ戻る