ホンダが本格的アドベンチャーツアラー「VFR1200X」を国内投入

ホンダから「オールロード・グランツーリスモ」を開発コンセプトに掲げたニューモデル、「VFR1200X デュアル・クラッチ・トランスミッション」が登場。3月7日(金)に発売開始となる。
これはホンダが近年新たなモデルラインとして力を入れている「クロスオーバーコンセプト」のフラッグシップモデルであり、世界的に人気の高いアドベンチャーツアラーのセグメントに属するものだ。

エンジンはロードスポーツモデルVFR1200Fと同系の水冷4ストV型4気筒OHC1,236ccで、電子制御によるスロットル・バイ・ワイヤと有段式自動変速機であるデュアル・クラッチ・トランスミッション(以下、DCT)を標準装備しているのが特徴だ。

低中速域から高速域まで力強い出力特性のV4エンジンは、シリンダーの挟み角を76°に設定して1次振動を押さえつつ、不等間隔爆発とすることでスムーズさと力強い鼓動感を両立しているのがポイント。DCTはオートマチックモード(AT)とマニュアルモード(MT)が選択でき、簡単な操作でダイレクト感のある走行フィーリングを味わうことができるのがメリットだ。ちなみにATモードには市街地走行に適した「Dモード」と、よりスポーティーな走行に適した「Sモード」を設定。また、ライダーが必要に応じて任意に後輪への駆動力のレベル(3レベル+オフ)を選択できるHondaセレクタブル トルク コントロールを採用することで安全性を高めている。

フレームは剛性としなやかさを両立したダイヤモンドタイプで、足回りには未舗装路の走行にも対応したストローク量の多い前後サスペンション(倒立フォークならびに片持ち式のプロアーム&プロリンク)や、静粛性と耐久性に優れるシャフトドライブを採用。ブレーキシステムにはフットブレーキ操作だけでも前後輪に制動力を配分する「コンバインドABS」を標準装備して操作性と安心感を高めた。また、前後ホイールには、チューブレスタイヤに対応したワイヤースポークホイール仕様とし、オフロード走行も想定したしなやかな足回りを実現している。

海外では「VFR1200Xクロスツアラー」としてすでに数年前から発売され人気のモデルであるが、その日本仕様が「VFR1200X」として今回初投入されるわけだ。
なお、クロスツアラーとの違いとしては、まず最高出力が78kW[106ps]/6,000rpmに抑えられている点(クロスツアラーは95kW[129ps]/7,750rpm)。日本人の体格を考慮した高さ810mmの専用設計シート(同840mm)や、ツーリングの利便性を高めるETC車載器、メインスタンドを標準装備していることなど。あとは海外仕様にはタイプ設定されている通常のトランスミッション仕様が投入されれば、選択肢もさらに広がることだろう。

【新車】HONDA、「VFR1200X デュアル・クラッチ・トランスミッション」を3月7日発売

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  2. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  3. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  4. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
ページ上部へ戻る