マルク・マルケスが右脚骨折で、MotoGPオフィシャルテスト欠場

今年初テストで1番時計を記録した王者マルケスが、トレーニング中に右脚の腓骨を骨折。精密検査を受けた結果、手術の必要はなかったが、来週セパンで予定されているテストを欠場することになった。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは19日、出身地スペイン・カタルーニャ州のリェイダでトレーニング中に右脚の腓骨を骨折。バルセロナ市内の大学病院に緊急搬送され、精密検査を受けた結果、全治3〜4週間と診断されたことから、来週26日からセパン・インターナショナル・サーキットで開催される今年2度目のオフィシャルテストを欠場することになった。

精密検査を担当したチャンピオンシップのメディカルスタッフ、チャビエル・ミル医師は、「脱臼及び靭帯の損傷はなく、手術の必要はありません。完治まで3〜4週間が必要です」と説明。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 近隣の臨海副都心エリアやその他のエリアでの拡充開催も検討 一般社団法人 日本自動車工業会…
  2. YZ450FでIA1に出場 2018年10月28日(日)、宮城県のスポーツランドSUGOに…
  3. 初代C100 に込められた想いや広く愛される基本性能を継承しつつより豊かで新しい乗り物を生み…
  4. KTM Japanは、2018年10月から12月末までの間、クリスマス・キャンペーンを実施す…
ページ上部へ戻る