【新車】日本のテラモーターズが29,000米ドルのスーパー電動スクーターでインドに進出

日本のテラモーターズはKiwami電動バイクをインドで発売した。テラモーターズは28,730米ドルという価格で、環境に優しい日常の移動手段を求めているインドの若年裕福層の注目を集めたいとしている。

電動バイクKiwamiは最高時速160kmで、同社によると1000ccのガソリンバイクと同じくらいのパワーで加速する。フル充電には6時間かかり、フル充電状態で200km以上走行可能だ。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 2018年7月12日の発売を控えた新型モンキー125のカスタムマシンが、4月29日に開催され…
  2. ヤングマシン4月号(2月24日発売)で紹介したSP忠男のZ900RS用フルエキゾーストがつい…
  3. MFJは、東北復興の応援を目的としたツーリングイベント「走ろう東北!MFJ 東北復興応援ツー…
  4. 【ホンダ CG125】ディテール&試乗インプレッション アジアンな雰囲気が漂うCG125と…
ページ上部へ戻る