カワサキから単気筒250ccスポーツ「Ninja250SL」がデビュー!

カワサキから海外向けの単気筒エンジン搭載の新型スポーツモデル「Ninja250SL」が発表された。
エンジンはFI装備の249cm3水冷4ストDOHC4バルブ単気筒で、力強い低中回転域とピックアップ特性の良さに加え、高回転域での鋭いレスポンスが持ち味で、軽量ピストンやコネクティングロッドを用いて慣性モーメントを抑えつつ、DOHC4バルブ化により高回転化、高効率化を実現しているのが特徴だ。

最高出力は27.6PS/9700rpm(23 Nm/8200rpm)で、現行の2気筒ニンジャ「Ninja250」の33PS/11000rpm(22Nm at 10000rpm)には劣るが、整備質量は逆に20kg以上も軽い151kg(ABSモデルは152kg)を実現するなど、軽さを生かした俊敏なハンドリングが与えられている。

「スリム」、「軽量」、「コンパクト」をコンセプトに開発されたフレームは、新設計の高張力鋼のトレリスタイプとし、各部パイプ径を調整することで、スリムさと軽快感を維持しがらも安定したハンドリングを実現。スポーツモデルらしい機能美にも貢献している。
足回りについては、リヤサスには5段階プリロード調整機構を装備し、優れた路面追従性が得られるカワサキ独自のユニトラック式を採用。φ37mm正立フォークとともに軽快なハンドリングと快適な乗り心地を実現。
また、ホイールはNinjaシリーズ共通の異型10本スポークタイプながら、さらなる軽量化を達成。
タイヤも前後にそれぞれ100/80-17、130/70-17とひと回りスリムなサイズを装着することでシャープなハンドリングを追求した。ABS付きモデルもタイプ設定され、前後独立して制御する方式の世界最小最新のABSユニットを採用。
車体デザインは他のNinjaシリーズ同様のフルフェアリングタイプが採用されているが、見た目はひと回りコンパクトで、タンク後端部分が絞られたスリムでセクシーな仕上がりとなっている。
さらにヘッドライトはコンパクトな1灯式とし、Ninja250SLのスリムさを強調。トップブリッジの下にマウントされたクリップオンハンドルもまた、スポーティな雰囲気を高めている。
というように、独自の個性を打ち出した「Ninja250SL」は、より軽くスリムでシンプルなシングルスポーツモデルとして軽快な走りが楽しめそうだ。

残念ながら、今回発表されたのはマレーシア仕様、フィリピン仕様、中国仕様、インドネシア仕様、タイ仕様で、今のところ日本仕様は用意されていないが、反響次第では今後に期待が持てるかも。ぜひ国内モデルも投入してもらいたいところだ。

【関連ニュース】
【新車】Kawasaki、超人気モデルのシングルバージョン「Ninja 250SL」を発表

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  2. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  3. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  4. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
ページ上部へ戻る