【新製品】SHOEI、「VFX-W」にグラフィックモデル「SEAR (シアー)」が新たにラインナップ

SHOEIから、全米を始め世界各国のモトクロスライダーを魅了する「VFX-W」に、グラフィックモデル「SEAR」(シアー)を新たにラインナップ。

◆アメリカが認めたNo.1モトクロスヘルメット
モトクロスシーンの本場アメリカを代表するモトクロス雑誌「TRANSWORLD MOTOCROSS」で、THE BEST NEW PRODUCTS of 2009 を、「MOTORCYCLE USA.COM」でBest Product Innovation of 2008 Awardを受賞するなど、その安全性、デザイン、機能性、すべてに対して、VFX-Wは世界中のメディアから最高評価を獲得しました。

=製品使用=
■製品名:VFX-W SEAR (ブイエフエックス-ダブリュー シアー)
■価 格:53,000 円 (税込 55,650 円)

■構 造:AIM+ (Advanced Integrated Matrix Plus Multi-Fiber)強靱なガラス繊維と3次元形状とした有機繊維の複合積層構造を基に、高い弾性性能を持つ高性能有機繊維をプラス、軽量でありながらも剛性弾性に優れる高性能なシェル構造。
■規 格:JIS規格、MFJ公認
■サイズ:S (55cm) M (57cm) L (59cm) XL (61cm) 
■付属品:バイザー、布袋、マッドガード、バイザー反射防止シート
■カラー:TC-1 (RED/BLACK)、TC-2 (BLUE/WHITE)、TC-10 (RED/BLUE)、TC-11 (BLACK/PURPLE)
>>オプション&パーツはこちら

=ベースモデル VFX-Wの主な特徴=
●シェルデザイン
スポーツギアとしてのデザイン性とレースに不可欠な機能性が融合
●ベンチレーション
低速域から確かな換気性能を発揮、レース後のメンテナンスも簡単
●デュアルライナーシステム
SHOEI独自の2層構造のライナーが高い衝撃吸収性をもたらす
●V-430 スリークバイザー
バイザーに必要とされる多角的機能をハイレベルで実現
●強さと軽さのAIM+構造
激しいライディングに対応するコンパクト&軽量シェル
●3D MAX-DRY システム内装
激しい動きに対応するホールド性と吸水速乾性を備えた高機能内装
●3D MAX-DRY システム内装
激しい動きに対応するホールド性と吸水速乾性を備えた高機能内装
●ノーズカバー/マッドガード
大胆なイメージの新デザインノーズカバーを採用
●E.Q.R.S.(Emergency Quick Release System)
万が一のアクシデント時のためのヘルメット取り外しシステム

SHOEI契約ライダーのコメント
全日本モトクロスを戦う、熱田選手、勝谷選手がVFX-Wをテスト。高い評価を頂きました。

◆熱田選手 コメント
VFX-Wを手に取ったときにまず、「軽い」と思いましたね。
視界も広くて、ゴーグルの装着感も良い。
そして、走った感じもヘルメットのブレも無く、まさに快適。
安全性も高くてカッコもいいし、最強ですね。

◆勝谷選手 コメント
視界が広いことと、口元のスペースが広いことに驚きました。
また、ヘルメットの軽さはかなり実感できました。
激しく走ってもヘルメットが動くことがない。
実戦ではすごく有効ですね。

関連記事

編集部おすすめ

  1. タイムを詰める走りは御法度! ヒザ擦りしたい人のための走行会「WITH ME HIZA-S…
  2. ショルダースライダー搭載の新作ジャケット 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、人気…
  3. ヤマハ・レジェンドモデルに肩を並べた「YZF-R1」 ヤマハ発動機は、同社のフラッグシップ…
  4. トライアンフ史上最高にパワフルなモデルに新色登場 トライアンフモーターサイクルズジャパンは…
ページ上部へ戻る