[YAMAHA]AMA SX Rd.7 J・ブレイトンが5位

AMAスーパークロス第7戦がテキサス州ダラスのテキサス州アーリントンのカウボーイズ・スタジアムに54,421人の大観衆を集めて開催された。

Toyota/Yamaha/JGRMX TeamのJ・ブレイトンとP・ニコレッティはそれぞれヒート2レースで5位、ヒート1レースで12位となったため、それぞれセミ2、セミ1へ出場することになった。ここでブレイトンは1位、ニコレッティは3位に入り、メインイベント進出を決めた。

エントリー総数50名のライダーのうち22名が争うメインイベント。ブレイトンはオープニングラップを4位で終えると、3周目にはJ・バルチア(ホンダ)を抜いて3位へと順位を上げる。両者のバトルは熾烈で、その後4周後には再びバルチアがブレイトンの前に出る。しかしブレイトンも負けてはおらず、3位バルチアとの差を詰めて行く。ところがレース後半の14周目、ブレイトンはリズムセクションでミスを冒し、R・ビロポート(カワサキ)、K・ロックゼン(KTM)の先行をも許して6位まで後退してしまう。その後、残り3周となったところでロックゼンをかわして5位まで挽回し、その順位でチェッカーフラッグを受けた。

一方、ニコレッティは13位に就けてレース序盤を走行するが、レース中盤にひとつ順位を落として14位へ。そしてブレイトンが5位に上がったのと同じ残り3周となったところで転倒を喫してしまい、完走はならなかった。

前戦に続いて今回も欠場したToyota/Yamaha/JGRMX TeamのJ・グラントが次のレースからシリーズに復帰する見込みとなった。チームはJ・ブレイトン、P・ニコレッティ、そしてJ・グラントの3名体制でレースに臨む。

シリーズ第8戦は2月22日土曜日、ジョージア州アトランタのジョージア・ドームで開催される。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲中上貴晶選手とLCR Honda IDEMITSUカラーのRC213V-S 鈴鹿サーキット…
  2. 仲間や家族で楽しめる195区画のグループシート ツインリンクもてぎに、グループ観戦専用の新…
  3. 現役ライダーも多数出演 2018年4月28日(土)に鈴鹿サーキットで開催される恒例イベント…
  4. 【原付二種スクーター徹底比較!】ディテール&試乗インプレッション 「普段は電車で通勤し…
ページ上部へ戻る