防寒対策どうしていますか?

先週に続いて今週末も大雪・・・・・・。ツーリングを計画していた人もいるかと思いますが、こうなるともうバイクはお手上げです。それにしても寒い日が続きますね。皆様も風邪など引かぬようご自愛ください。

実は今週も仕事でロケがあり、厳寒の中、高速やワインディングを走り回りました。真冬でもバイクで走ることが多いため、自分なりに防寒対策には気を遣っているつもりですが、それでも冷えから体調を崩してしまうこともあります。

経験からすると、首を冷やすと風邪を引きやすいようです。なんでも風邪のウイルスは体温より少し低い環境が好きらしく、寒風にさらされた喉の奥がちょうどいい住処になるそうです。だから、冬場の走りではハイネックの下着とネックウォーマーは欠かせません。

また、ウエア内を暖かく保つには、風の進入口を塞ぐのがポイントです。グローブはカーフの中にジャケットの袖をしまえるタイプがおすすめ。足元も冷えると辛いので、冬用の靴下に革のミディアム丈のブーツが基本。パンツの裾もバイク用は普段使いのGパンなどより5cm以上長めのカットにして、足首が露出しないようにしています。
それと、お腹の冷えは体調を崩す原因になるので、貼るタイプの使い捨てカイロなどを胴回りに忍ばせたりしています。もちろん、最強なのは電熱タイプなのですが。

バイクも高機能ウエアが当たり前の時代になりましたが、ちょっとした工夫でかなり寒さをしのげるものです。皆さんも予算と根性に合わせて、防寒対策を考えてみてください(笑)。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 今年のテーマは「バイクを通じて得た自分の人生の歓びを再発見する」 ビー・エム・ダブリューは…
  2. 就職するのはちょっと・・・と思ったら ライダーなら知ってて欲しい、世界最大級のバイクパーツ…
  3. これまで東京モーターサイクルショーに展示された様々なZ900RSカスタムを掲載してきたが、ロ…
  4. 2018年4月16日に掲載したCB1000Rのインプレの後半としてMT-10との比較試乗をお…
ページ上部へ戻る