ホンダから縦置きV4搭載の新型クルーザー「CTX1300」が発売!

昨年の東京モーターショーでも注目を集めた、ホンダの新型クルーザー、「CTX1300」が2月21日に発売される。「快適技術の体感」を開発コンセプトに掲げたCTXシリーズのフラッグシップモデルの位置づけだ。
エンジンは水冷4ストDOHC縦置きV型4気筒1261ccで、欧米で人気のツアラーモデル、「STX1300」をベースに独自のFIセッティングと吸排気系の改良を施したもの。低中域トルクと市街地での扱いやすさを追求し、2軸2次バランサーの採用により、縦置きV4独特の鼓動感は生かしつつも低振動と静粛性を実現している。

スタイリングには、CTXシリーズ共通の力強い「水平基調デザイン」が採用され、ロング&ローのプロポーションを強調。4灯タイプの高輝度LEDヘッドライトや存在感あふれる縦置きV4エンジン、流麗なエキゾーストのデザインなどにより、ダイナミックで高級感のあるスタイリングとした。また、740mmの低いシート高とシート下にレイアウトされた燃料タンクによる低重心設計など、足着きや取り回しやすさにも配慮している。

車体は専用設計のスチール製ダブルクレードルフレームとして、足回りにはフロントに倒立フォーク、リヤにはアルミスイングアームとツインシッョクを装着。ブレーキには前後連動のコンバインドABSを採用している。さらに、VFR1200Fで実績のあるトラクション・コントロール・システム(TCS)」を標準装備し、安全性を向上。他にもスタイリッシュな35lパニアケース、ETC車載器、5段階調整のグリップヒーター、シート下にアクセサリーソケット、Bluetooth対応のオーディオを標準装備するなど、ロングツーリングにも対応する充実した内容となっている。

エンジンのベースになった「STX1300 パンヨーロピアン」は欧米向けのハイスピードツアラーで、日本ではあまり見かけないが、速度レンジの高い欧州ではそのスタビリティの高さと動力性能、実用性の高さからファンも多く、ロングセラーになっているモデルだ。一方、CTX1300は、より低速低回転での常用域での扱いやすさと快適性を求めたモデルなので、同じ縦置きV4でもキャラクターはだいぶ異なるはず。

V4エンジンは元々低中速トルクに厚く、フィーリング的にも独特の鼓動感が楽しめるなど、クルーザーに向いたレイアウト。ホンダは素性の良いエンジンを長い間温存していたわけだ。ゴールドウイングの水平対向6気筒のシルキーさとまたひと味違った楽しさを提供してくれるだろう。

【新車】HONDA、新型のクルーザーモデル「CTX1300」を2月21日(金)に発売

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  2. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  3. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  4. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
ページ上部へ戻る