HONDA、「CBR400R/400X/CB400F」原動機(シーリングボルト) のリコール

リコール開始日:平成26年2月14日

【不具合の部位(部品名)】
原動機(シーリングボルト)

【基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因】
原動機において、ロッカーアームシャフトの回転を抑止するシーリングボルトに誤った防錆剤を塗布したため、エンジンの熱により締め付けトルクが低下して、当該ボルトが緩み脱落するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けるとエンジンオイルが漏れ、最悪の場合、ロッカーアームシャフトが抜けて、走行中にエンジンが停止し再始動できなくなるおそれがある。

【改善措置の内容】
全車両、シーリングボルトを良品に交換する。

【自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置】
・使用者:ダイレクトメール等で通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、車台番号付近にNo3304のステッカーを貼付する。

【対象車の型式、通称名、車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間、台数】
・型 式:EBL-NC47
・通称名:「CBR400R」「400X」「CB400F」
・NC47-1000035〜NC47-1003874
・平成25年4月15日〜平成25年9月26日
・台 数:3,839台
(計 1 型式)(計 3 車種)(計 3,839台)
【注意事項】 リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

■お問い合わせ先
本田技研工業株式会社 お客様相談センター
電話番号:0120-086-819

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハーレーダビッドソン ジャパンは、全国の正規ディーラーと共に、5月19日(土)と20日(日)…
  2. スマホの画面が傷つかないように、保護フィルムを貼るのはもはや常識ですよね。 よくよく考えて…
  3. ホンダは2月21日、4月から新しく展開していく販売ネットワーク「ホンダドリーム」の刷新した店…
  4. 箱根ターンパイクは、道路のネーミングライツを、アネスト岩田が取得したことを発表した。これによ…
ページ上部へ戻る