[BRIDGESTONE]MotoGP 2014年最初のプレシーズンテスト セパンサーキットレポート

新チャンピオンのM.マルケスが史上最速のトップタイムを記録!
■コース : セパン  ■開催期間 : 2014年2月3日−2月5日
■天候:4日−晴、5日−晴、6日−晴
■気温:28−43℃  ■路面温度:35−57℃
■今回の全ライダーへの供給タイヤ
[スリック]
フロント−ミディアム、ハード
リア(左右非対称)−ソフト、ミディアム、ハード

2014年シーズンのプレシーズンテストが、マレーシア・セパンサーキットで2月4日から6日の3日間にわたって行われた。

ブリヂストンは今年、MotoGPの公式タイヤサプライヤーとして6年目のシーズンを迎える。昨年までのMotoGPはプロトタイプ勢とCRT勢の二種類に分かれていたが、今年からはエンジンを制御するECU(Electoronic Control Unit)によって種類を分ける。
DORNAが提供するマネッティ・マレリ社の共通ECUのハードウェアと独自のソフトウェアを使用する〈ファクトリー〉勢と、ハードウェア・ソフトウェアともに共通提供品を使用する〈オープン〉クラスに大別されることになった。〈ファクトリー〉よりも〈オープン〉に対して一段階柔らかいリアタイヤを供給する方式は、従来どおり今季も継続する方向だ。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 近隣の臨海副都心エリアやその他のエリアでの拡充開催も検討 一般社団法人 日本自動車工業会…
  2. YZ450FでIA1に出場 2018年10月28日(日)、宮城県のスポーツランドSUGOに…
  3. 初代C100 に込められた想いや広く愛される基本性能を継承しつつより豊かで新しい乗り物を生み…
  4. KTM Japanは、2018年10月から12月末までの間、クリスマス・キャンペーンを実施す…
ページ上部へ戻る