[BRIDGESTONE]MotoGP 2014年最初のプレシーズンテスト セパンサーキットレポート

新チャンピオンのM.マルケスが史上最速のトップタイムを記録!
■コース : セパン  ■開催期間 : 2014年2月3日−2月5日
■天候:4日−晴、5日−晴、6日−晴
■気温:28−43℃  ■路面温度:35−57℃
■今回の全ライダーへの供給タイヤ
[スリック]
フロント−ミディアム、ハード
リア(左右非対称)−ソフト、ミディアム、ハード

2014年シーズンのプレシーズンテストが、マレーシア・セパンサーキットで2月4日から6日の3日間にわたって行われた。

ブリヂストンは今年、MotoGPの公式タイヤサプライヤーとして6年目のシーズンを迎える。昨年までのMotoGPはプロトタイプ勢とCRT勢の二種類に分かれていたが、今年からはエンジンを制御するECU(Electoronic Control Unit)によって種類を分ける。
DORNAが提供するマネッティ・マレリ社の共通ECUのハードウェアと独自のソフトウェアを使用する〈ファクトリー〉勢と、ハードウェア・ソフトウェアともに共通提供品を使用する〈オープン〉クラスに大別されることになった。〈ファクトリー〉よりも〈オープン〉に対して一段階柔らかいリアタイヤを供給する方式は、従来どおり今季も継続する方向だ。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る