【新車】YAMAHA、ブラジル向けにSUVをイメージさせるパワフルな150ccオン・オフモデル「XTZ150S Crosser BlueFlex」を発売

ヤマハ発動機株式会社は、エタノール混合燃料にも対応する150ccエンジンを搭載したオン・オフモデルの新製品「XTZ150S Crosser BlueFlex※(エックスティーゼット150エス クロッサー ブルーフレックス)」を、2014年3月よりブラジルにて販売します。

「XTZ150S Crosser BlueFlex」は、2013年導入のストリートモデル「YS150 FAZER BlueFlex」に続き、ブラジル二輪車市場(約152万台 2013 年/ヤマハ調べ)の中で最大の需要層となる150ccクラスに当社が導入する第2弾モデルで、 “パワフル&コンフォート”をコンセプトに開発しました。

主な特徴は、
1) “SUV”をイメージしたスポーティでアグレッシブなデザイン
2)エタノール混合燃料にも対応し低燃費で加速性に優れる空冷150ccのFI (電子式燃料噴射)エンジン
3)荒れた路面での乗り心地を向上させる、クラス初採用のリンク式モノクロスサスペンション
など「余裕のある高速性能」「路面の凹凸に対する十分なクッション性能」「街乗りから長距離移動時の快適性」などを求めるお客さまの声に応えます。
前輪ブレーキはドラム仕様とディスク仕様の2仕様を設定しています。

当社は今後も伸張の見込まれる150cc需要層への販売拡大を目指し、ニューモデルの開発や販売網整備、アフターセールス活動の強化に引き続き努めます。

なお、当モデルの製造・販売はグループ会社のYamaha Motor da Amazonia Ltda. が行います。

※ガソリンとエタノールまたはそれらを混合した燃料で走行できる機能を、当社では”BlueFlex(ブルーフレックス)”と呼称しています。

■名称
「XTZ150S Crosser BlueFlex」

■発売日
2014年3月

■メーカー希望小売価格
・XTZ150S Crosser BlueFlex(前輪ドラムブレーキ仕様)
9,050ブラジル・レアル

・XTZ150S Crosser BlueFlex(前輪ディスクブレーキ仕様)
9,350ブラジル・レアル

■販売計画
50,000台(発売から1年間、ブラジル国内)

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る