MotoGP オフィシャルテスト3日目:ヤマハ・ファクトリーのロッシとロレンソは総合2‐3番手に浮上

2日目に2番手から4番手に後退したロッシだったが、快走の2番時計を記録。今年初テストで総合2番手に進出すれば、6番手だったロレンソが昨年と似たフィーリングを取り戻すと、2番手のリズムで周回を重ねて、総合3番手まで巻き返した。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのバレンティーノ・ロッシは、セパン・インターナショナル・サーキットで行われたオフィシャルテスト3日目、最終日に2番時計を記録。総合2番手に進出すれば、ホルヘ・ロレンソは3番手。総合3番手に浮上した。

初日2番手、2日目4番手だったロッシは、11ラップ目に1分59秒台に進出して、0.194秒差の2番手に再浮上。55ラップを周回して、2分00秒台を5回記録。連続15ラップのロングランでは、2分01秒台を14回記録した。

「テストはとても良かった。とても嬉しい。特に2番手で、セパンにおけるキャリアのベストタイムだ。初めて2分00秒台を突破。このトラックでのベストラップをマークしたマルク(・マルケス)からコンマ1秒差。バイクのグッドなフィーリングと幾つか良い解決策が見つかった。午後はレースシミュレーションにトライ。問題を理解するには良かった。グッドなペースを維持することが難しかったけど、それほど悪くなった。初テストとしての評価はグッドだ」と、最終日を振り返った。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る