【新車】SUZUKI、新型スクーター「バーグマン200」を発売

スズキ株式会社は、軽量・コンパクトで扱いやすい新型スクーター「バーグマン200」を 2月28日より発売する。

「バーグマン200」は、 軽量・コンパクトで扱いやすい車体に、 力強い加速と滑らかな走行を実現する200ccの水冷エンジンを搭載したスクーターである。多機能メーターの採用や大容量のシート下収納、足つき性の良いフロアボード形状と低いシート高など、通勤・通学からプライベートまで様々な用途での使い勝手を高め、快適性と機能性を追求した。

「バーグマン200」の主な特長
●デザイン
・大型スクーター「スカイウェイブ(輸出名:バーグマン)」シリーズに共通する独立 2灯型ヘッドライトおよびテールランプを採用した上品でスポーティーなデザイン。
●エンジン
・力強い加速と滑らかな走行を実現する、最高出力14kWの200cc 水冷4サイクル単気筒エンジン。
●車体
・装備重量161kgの軽量・コンパクトで扱いやすい車体。
●その他の装備
・走行データから算出した燃費状況を表示する平均燃費計や、燃費の良い走行状況の 目安となるエコ・ドライブ・インジケーターを装備した、視認性の高い多機能メーター。
・フルフェイス・ヘルメットが2個※入る大容量41Lのシート下収納や、12Vのアクセサリーソケットを備えたフロントボックス。※ヘルメットの形状や大きさによっては収納できない場合がある。
・左右の足元付近を絞り込んだ形状のカット・フロアボードの採用と、735mmの低いシート高により優れた足つき性を実現。
・車体色は、白「ブリリアントホワイト(YUH)」、 銀「クールシルバー(W6V)」、グレー「マットフィブロイングレーメタリック(PGZ)」、黒「マットブラックメタリックNo.2 (YKV)」の4色を設定。

▼バーグマン200 ブリリアントホワイト(YUH)

▼バーグマン200 クールシルバー(W6V)

▼バーグマン200 マットフィブロイングレーメタリック(PGZ)

▼バーグマン200 マットブラックメタリックNo.2 (YKV)

■メーカー希望小売価格(消費税5%込み)509,250円(消費税抜き485,000円)
■発売日:2014年2月28日

*価格には、保険料、税金(消費税を除く)、登録等に伴う費用は含まれない。
*メーカー希望小売価格(消費税込み)は、消費税率の変更により変更される。
*製造事業者/タイスズキモーター社(タイ)
*製造国/タイ
*輸入事業者/スズキ株式会社

バーグマン200 SPECIFICATIONS(主要諸元※1)

型  式 JBK-CH41A
全長 × 全幅 × 全高(mm) 2,055 × 740 × 1,355
軸間距離 / 最低地上高(mm) 1,465 / 130
シート高(mm) 735
装備重量(kg)※2 161
燃料消費率※3 国土交通省届出値:定地燃費値※4 41.0km/L(60km/h)2名乗車時
WMTCモード値※5 30.1km/L(クラス2、サブクラス2-2)1名乗車時
最小回転半径(m) 2.5
エンジン型式 / 弁方式 H405・水冷・4サイクル・単気筒 / SOHC・4バルブ
総排気量(cm3 199
内径 × 行程(mm)/ 圧縮比 69.0 × 53.4 / 11.0
最高出力※6 14 kW〈19 PS〉/ 8,000 rpm
最大トルク※6 17 N・m〈1.7 kgf・m〉/ 6,000 rpm
燃料供給装置形式 フューエルインジェクションシステム
始動方式 セルフ式
点火方式 フルトランジスタ式
潤滑方式 / 潤滑油容量(L) 圧送式 / 1.5
燃料タンク容量(L) 10
クラッチ形式 自動遠心式
変速機形式 Vベルト無段変速
変速比 2.419 〜0.787
減速比(1次 / 2次) 1.000 / 2.750 × 2.923
フレーム形式 パイプアンダーボーン
キャスター / トレール(mm) 27゜00` / 93
ブレーキ形式(前 / 後) 油圧式ディスク / 油圧式ディスク
タイヤサイズ(前) 110/90-13M/C 55P
タイヤサイズ(後) 130/70-12 56L
舵取り角左右 40°
乗車定員 2名

※平成18年国内排出ガス規制に対応
※1 主要諸元は道路運送車両法による型式指定(認定)申請書の数値です。(シート高を除く) ※2 装備重量は、燃料・潤滑油・バッテリー液・冷却水を含む総重量となります。
※3 燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
※4 定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。
※5 WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。
※6 エンジン出力表示は「PS/rpm」から「kW/rpm」へ、トルク表示は、「kgf・m/rpm」から「N・m/rpm」へ切り替わりました。〈 〉内は、旧単位での参考値です。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る