MotoGP ドゥカティのファクトリー勢は初日12-13-14番手

アプリリアで数々のタイトル獲得に貢献したルイジ・ダリーニャの下、ドゥカティが巻き返しの2014年に向けて本格的に始動。2013年型と2014年型の比較テストからプログラムが始まった。

ドゥカティ・チームは、セパン・インターナショナル・サーキットで始まった2014年最初のオフィシャルテストに、ファクトリーチームのアンドレア・ドビツィオーソとカル・クラッチローに加え、テストライダーのミケーレ・ピロを召集。初日はトップタイムから2秒遅れの12番手、13番手、14番手だった。

ドゥカティ・コルセのジェネラルマネージャーに就任したルイジ・ダリーニャ体制の下、テストチームが当地に先乗りして、1月31日から2日間のプライベートテストを実施すると、ファクトリーチームが4日からのオフィシャルテストに参加。

ドゥカティで2年目を迎えるドビツィオーソは、ライダーのエルゴノミクス(人間工学)とシャーシアジャストメントの可能性を広げた改良型のフロントとリアのファイリングと新たな電子制御解決策が加えられた2014年型と2013年型の比較テストに着手。27ラップを周回して、2.211秒差の12番手だった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る