MotoGP オフィシャルテスト1日目:レプソル・ホンダが2014年に向けて1-3番手発進

HRCとレプソル社のコラボレーション20周年を迎える2014年シーズンに向けて、ホンダのファクトリーチームがオフィシャルテストの初日に1-3番手に進出。ライダー、チーム、コンストラクターの3冠連覇に向けて、好発進した。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、セパン・インターナショナル・サーキットで始まった2014年最初のオフィシャルテスト初日にサーキットベストラップに接近する1番時計を記録。ダニ・ペドロサは3番時計だった。

昨年11月にリカルド・トルモ・サーキットで開催されたオフィシャルテストで総合1番手に進出した昨季王者のマルケスは、83日ぶりとなるテストを考慮して、走行感覚を取り戻す目的で2013年型RC213Vから走行を開始。エンジンマッピング、クラッチ、ブリヂストンの新しいリアタイヤの仕事に取り組むと、合計62ラップを周回して、2分01秒台を16回、2分00秒台を7回記録。

昨年10月のグランプリの際に公式予選2で樹立したサーキットベストラップ(2分00秒011)に0.275秒差に接近する2分00秒286の1番時計を刻んだ。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヤマハ発動機は、2017年に全日本モトクロス選手権IA2クラスでチャンピオンを獲得したヤマハ…
  2. 2018年4月18日、新型CB1000Rの試乗会が開催され本誌からはメインテスターの丸山浩さ…
  3. 2018年4月23日、新型モンキー125が国内だけではなく欧州でも発表された。基本的には国内…
  4. ライディングの安全性を新たな次元へ ボッシュは、道路交通におけるライダーの死亡事故を防ぐ「…
ページ上部へ戻る