MotoGP オフィシャルテスト1日目:レプソル・ホンダが2014年に向けて1-3番手発進

HRCとレプソル社のコラボレーション20周年を迎える2014年シーズンに向けて、ホンダのファクトリーチームがオフィシャルテストの初日に1-3番手に進出。ライダー、チーム、コンストラクターの3冠連覇に向けて、好発進した。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、セパン・インターナショナル・サーキットで始まった2014年最初のオフィシャルテスト初日にサーキットベストラップに接近する1番時計を記録。ダニ・ペドロサは3番時計だった。

昨年11月にリカルド・トルモ・サーキットで開催されたオフィシャルテストで総合1番手に進出した昨季王者のマルケスは、83日ぶりとなるテストを考慮して、走行感覚を取り戻す目的で2013年型RC213Vから走行を開始。エンジンマッピング、クラッチ、ブリヂストンの新しいリアタイヤの仕事に取り組むと、合計62ラップを周回して、2分01秒台を16回、2分00秒台を7回記録。

昨年10月のグランプリの際に公式予選2で樹立したサーキットベストラップ(2分00秒011)に0.275秒差に接近する2分00秒286の1番時計を刻んだ。

関連記事

編集部おすすめ

  1. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  2. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  3. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  4. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
ページ上部へ戻る