MotoGP オフィシャルテスト1日目:ヤマハ・ファクトリーは今年初テスト初日に2-4番手

勝負の年に向けて、チーフクルーを変更したロッシが、セッション開始早々から上位に進出。初日を終えて、トップタイムとのコンマ5秒差を縮めることを目標に設定すれば、20リットルの新規定に苦戦したロレンソは、残り2日間で解決策を追求する。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのバレンティーノ・ロッシは、セパン・インターナショナル・サーキットで始まった2014年最初のオフィシャルテスト初日に2番時計を記録。ホルヘ・ロレンソは4番時計だった。

極めて重要なシーズンと位置付けて、これまでと異なる手段で仕事に取り組むことを決断したロッシは、チーフクルーをジェリミー・バージェスからシルヴァーノ・ガルブセラに変更。1年前のオフィシャルテストで総合3番手、10月の第15戦マレーシアGPで2番グリッドから4位だった当地に戻って来ると、トラックオープンから積極的にコースに飛び出して、61ラップを周回。2分01秒台を17回記録した後のセッション終了間際に2分00秒台に進出して、0.518秒差の2番手に浮上した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る