[YAMAHA]AMA SX Rd.5 J・ブレイトンが6位

AMAスーパークロスの第5戦が、今シーズン3度目の開催となるカリフォルニア州アナハイムのエンジェル・スタジアムで行われ、スタジアムには42,139人のファンが詰めかけた。

Toyota/Yamaha/JGRMX TeamのJ・グラントは第2戦フェニックスで激しく転倒し負傷して以来、レース参加のため練習走行とトレーニングのプログラムの見直しを強いられていた。回復に努めてきたグラントだが、プラクティスで転倒を喫してしまい、まだ完治していない肩の状態を悪化させてしまった。グラントはヒート2レースに参加し、ここで7位となり、さらにセミ2でも7位にとどまったため、ラストチャンス・クオリファイングへと回った。4周で争われるこのLCQで2位に入ったグラントは、メインイベントへと駒を進めることに成功した。 一方、チームメイトのJ・ブレイトンはヒート1レースに参加して2位となり、メインイベント進出を決めた。

メインイベントでブレイトンはオープニングラップをトップ10内の8位で終えると、次の周にはひとつ順位を上げて7位へ。その順位をキープしてレース序盤を走行する。その後、ブレイトンは13周目に6位へと浮上すると、レース後半もポジションを守り、そのままチェッカーフラッグを受けた。 負傷の癒えないグラントは1周目を19位で通過。痛みに耐えながらの走行を強いられたが、17位で20周のメインイベント完走を果たした。

ブレイトンは現在、シリーズランキング4位。AMAスーパークロス450クラスのメインイベント36戦連続出場を数え、6回のポディウムを含む14回のトップ5フィニッシュを果たしている。

次のシリーズ第6戦は2月8日土曜日、カリフォルニア州サンディエゴのカルコム・スタジアムで開催される。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 暴れ馬を操ってみたくないか・・・? 現代のバイクとはまた違う加速感を味わえるモンスター…
  2. NEXCO東日本 関東支社は、6月2日(土)に開通する東京外環自動車道(三郷南IC~高谷JC…
  3. ツインリンクもてぎは、10月19日(金)~21日(日)に開催する「2018 FIM Moto…
  4. 梅雨なんか怖くない! 今回は雨でも走り続けるライダーに、防水バッグとスマホケースをご紹介し…
ページ上部へ戻る