MotoGP B.スミス、最高峰クラス2年目の好機に挑戦

最高峰クラス1年目でランク10位に進出した後のオフィシャルテストで総合2番手に進出したスミスが、初参戦のキャミアとパークスを誘い、アンドラでフィジカルトレーニングを実施。2年目の躍進に期待を膨らませ、オープンオプションがファクトリーオプションに接近することを予想した。

モンスター・ヤマハ・テック3のブラドリー・スミスは、活動の拠点、フランスとスペインに挟まれた小国、アンドラ公国で、MotoGP?クラス初挑戦の同胞レオン・キャミアと英国選手権参戦経験を持つ豪州出身のブロック・パークスを誘い、フィジカルトレーニングを実施。当サイトのインタビューで最高峰クラス2年目の抱負を語った。

1年目にランク10位に進出した後、リカルド・トルモ・サーキットで開催された昨年11月のオフィシャルテストでトップからコンマ3秒差の総合2番手、ヤマハ勢の1番手に進出。「もし、あればスタートレベルだとしたら、両手でチャンスを掴まなければいけない。どこでフィニッシュできるか楽しみだ。」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 7月14~15日に、FIMトライアル世界選手権第5戦フランス大会で開催されたトライアルEクラ…
  2. MVアグスタは、全く新しい「DRAGSTER 800 RR」を9月に発売することを発表した。…
  3. ▲©2018「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」製作委員会 NEXCO…
  4. ドゥカティは、「Scrambler 1100 Test Ride Week」を8月5日(日)…
ページ上部へ戻る