進化熟成した「CBR1000RR」にスポーツ仕様「SP」が追加!

ホンダの「CBR1000RR」がマイナーチェンジして登場。エンジンと車体各部を改良するなどトータル的な性能向上を果たし2月14日に発売される。

まずエンジンに関しては吸排気ポートの形状変更により、従来モデル比で4kW高い91kW(約123ps)の最高出力と2Nm高い97Nmの最大トルクを発揮。エキゾーストパイプには緻密な空燃比制御に貢献するO2センサーを新たに採用したことで、排出ガスの浄化と燃費性能向上を達成した。また、2速から6速までのギア比をクロスミッション化し、スムーズなギアチェンジを実現。

ライポジもハンドル位置を変更しステップ位置を10mm後退させるなど、よりスポーティーな設定とするとともにサスペンションセッティングを変更することで、車体コントロール性を向上。車体面でも新形状のウインドスクリーンを採用することで空力性能を高めるなど、各部の熟成を図ることでスポーツ性能を高めているのが特徴だ。また、イグニッションキーにも新たに開発したウェーブキーを採用し、操作感とキー自体の質感や剛性も高められた。さらにブレーキシステムにはスーパースポーツ用としては世界初採用された、電子制御式「コンバインドABS」を搭載した仕様も用意されている。

そして、今回のトピックはさらに上級版となる「CBR1000RR SP」がタイプ追加されたことだろう。「SP」は“The Edge of CBR”を開発のキーワードと掲げ、スタンダード版CBR1000RRをベースに車体の軽量化や専用サスペンションを採用することなどで、スポーツライディングの楽しみを追求したモデルだ。

エンジンは各気筒のピストンとコンロッドの重量バランスを精密に選別して組み立てるという手法により、高回転域でのスムーズな回転をさらに向上。前後サスペンションはオーリンズ製となり、フロントには左右独立の減衰力調整機構を備えた「NIX30」を採用。加えて、鍛造トップブリッジやステアリングステムを専用開発することで、優れたハンドリングを実現している。リヤには伸び側と圧側の減衰力機構が完全に独立した「TTX36」を専用開発のクッションロッドとともに組み込み、優れたトラクション性能を実現している。
また、フロントブレーキキャリパーにはブレンボのモノブロック4ピストンタイプを採用するとともに、標準装備の電子制御式コンバインドABSは、コーナー進入時のコントロール性を重視した前後制動力配分とすることで、タイヤのグリップ力をより高次元で引き出すことができるSP専用セッティングとした。前後タイヤもスポーツ走行に対応したピレリ製「PIRELLI DIABLO SUPERCORSA SP」を標準装備する。

さらに1人乗り専用のシートレールは軽量化が図られ、専用のシングルシートカウルを装着。硬度を高めて表皮パターンを変更するなどグリップ力を高めることで、車両の挙動をよりダイレクトに感じられる設定となっている。なお、「SP」はホンダ伝統のトリコロールをイメージした専用カラー1色のみの設定だ。

気になる価格だが、「CBR1000RR」がカラーリングやABS有り無しなどによって1,428,000円〜1,627,500円の間。「CBR1000RR SP」が1,974,000円ということで、エンジン精密組み立ての手間やプレミアムなパーツが奢られている割にはお値打ちプライスと言えそうだ。ただ、ユーザー心理としては、輸出用フルパワーモデルとの選択の間で葛藤が生まれるかも。最高出力で50ps以上パワフルな逆車の「CBR1000RR」が、国内仕様の「SP」よりだいぶ安く変えてしまうというジレンマ。もちろん、バイクの魅力はパワーだけではないが、これが「スーパースポーツ」のカテゴリーとなると、そこに占めるウエイトは大きいと言わざるを得ないだろう。

【新車】HONDA、「CBR1000RR」の各部の熟成を図るとともに、スポーツライディングの楽しみを追求した「CBR1000RR SP」をタイプ追加し発売
【新車】HONDA、「CBR1000RR レースベース車」の2014年モデルを発売。「CBR600RR レースベース車」は現行モデルを継続して発売

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. DEAN & DELUCA が他企業と展開する世界初のショップ ビー・エム・ダブリューと、…
  2. 第2戦 ツインリンクもてぎ大会の冠協賛が決定 6月2日(土)・3(日)にツインリンクもてぎ…
  3. カワサキは、「カワサキショールーム」をマーチエキュート神田万世橋に期間限定でオープンした。 …
  4. MVアグスタは、群馬県太田市のディーラー「M.C.ファクトリー フクシ」にて1月27日(土)…
ページ上部へ戻る