BMW 「S1000RR」など16車種、電気装置 (操作スイッチ) に関するリコール

リコール開始日:平成26年1月17日

【不具合の部位(部品名)】
電気装置 (操作スイッチ)

【基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因】
ハンドル左右の操作スイッチにおいて、スイッチ内部基板の熱膨張と収縮に対する設計が不適切なため、当該基板の配線が断線することがある。そのため、操作スイッチが作動せず、エンジンが始動できない、前照灯の切り替えができない、方向指示器が作動しない、又は警音器が鳴らないおそれがある。

【改善措置の内容】
全車両、左右操作スイッチを対策品と交換する。

【自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置】
・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・対策実施済車には、シート下のフレームに外-2004 を貼付する

【対象車の型式、通称名、車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間、台数】
140117_60.jpg

           

20210413_wms_magazine_1280_160.png
   
20210201_wms_336_280.png
ページ上部へ戻る