【新車】トライアンフ、30台限定「タイガー800XC SE」2014年モデル発売

11月のミラノショーにおいて発表されました、トライアンフ・アドベンチャーシリーズの中でも人気の高い、タイガー800XCのスペシャルエディションが2014年1月に日本において発売を開始いたします。

「タイガー800XC SE(Tiger800XC SE)」は車体を新色のボルカニックブラック(Volcanic Black)で塗装し、フレームがレッドになりアクセントを持たせ、ハンドルバーやパッセンジャーグラブハンドルをブラックにし、精悍な外観となりました。

日本への入荷は 30台限定 となります。

▼Tiger 800XC SE タイガー800XC SE


■標準希望小売価格:¥1,344,000(税別)/ ¥1,411,200(税込)
■発売日 :2014年1月15日(水)発売開始
■販売台数:日本限定 30台

■車体色:ボルカニック・ブラック

■Tiger 800XC SE タイガー800XC SEの特徴
Triumphで人気のTiger 800XCモデルの限定版です。印象的な新色のボルカニック・ブラックのデザインにレッドペイントのメインフレームとし、ハンドルバー、ヒートシールド、パッセンジャー用グラブレールがブラックになります。

このTiger 800XCの限定版は、標準の800XCモデルがもつタフで頼りになる性格はそのままに、個性的でフレッシュな外観をもっています。ボルカニック・ブラックのペイントは、ぱっと見はシンプルなブラック塗装ですが、光の当たり具合でレッドメタリックのハイライトが浮かび上がります。

外観は際立った違いを見せますが、傑出したパフォーマンスはしっかりと保たれ、XCスペシャル・エディションは、標準モデル同様、Triumphの個性豊かなロングストローク型799 ccトリプルエンジンを搭載しています。

フラットなトルクカーブと洗練されたパワーの伝達のおかげで、Tiger 800XC SEは厳しい条件下でも走る喜びが感じられます。
洗練されたアンチロックブレーキングシステムが標準装備で、オフロードライディングでは動作をオフにすることもでき、コード化キーイモビライザーや大きな(そして今回はブラックの)パッセンジャー用グラブハンドルの付いたリアラックも装備しています。

丈夫なスチールシャシーには、最低地上高を最大限確保し、荒れた道でもこなせるよう、大移動量45mm倒立式フロントフォークやリアサスペンションユニット、21インチスポークフロントホイールが取り付けられています。
しっかりした前輪マッドガードと丈夫なハンドガードを装備し、800XCは厳しい条件下でも務めを果たすよう設計されています。Tiger 800XCがオフロードで真価を発揮するその性能が、優れたロードバイクという面にもつながっています。

■お問い合わせ先
トライアンフ正規販売店まで

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る