「高速道路無料化」撤回 2065年まで延長に

国土交通省は、高速道路の有料期間をこれまでの2050年の予定から15年延長し65年までとする方針を固めた。これにより、50年に債務を完済し高速道路を無料化するという道路公団民営化時の計画は事実上撤回となった。

05年に道路公団が民営化された当時の計画としては、料金収入によって高速道路建設にかかった約40兆円の債務を50年までに完済した後、道路を無料にする計画だったが、東日本大震災や中央高速笹子トンネル事故などを受けて、高速道路の適切な維持には大規模な補修が必要と判断。延長後の料金収入を先取りするかたちで、老朽化対策の費用を捻出する仕組みを来年度から実施することになった。

25日には首都高速道路会社が老朽化した5区間の改修を発表。10年間で総額6500億円を投じて「横羽線」や「渋谷線」など3路線の一部の建て替えなどを進める。また、東日本、中日本、西日本の高速道路3社も来年1月には更新計画をまとめる予定で、すでに総額5兆〜10兆円規模の予算が必要と試算しているという。

道路公団民営化時には、こうした大規模工事にかかる費用を十分に考慮していなかったという。国交省は「長持ちする道路は将来世代も利用する」と説明しているそうだが、長きにわたって高速道路を維持管理していくには更なる費用が必要になるはず。そうなると、有料期間の再延長という話になりかねず、「無料化」は永遠に遠ざかることになりはしないか。またしても、「先送り財政」の影がちらつく。ちなみに欧米諸国では高速道路は無料で利用できることが普通である。なぜ、同じ先進国で日本だけができないのか不思議だ。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

■参照元[朝日デジタル:http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312250555.html]

【関連ニュース】
◆国土交通省、新たな高速道路料金に関する基本方針を発表
◆首都高、首都高速道路の更新計画(概略)を発表
◆高速道路の有料期間、15年延長 補修・更新費を捻出
◆太田国交相表敬で高速料金引き下げ要望…全国オートバイ協同組合連合会
◆国交相にETC搭載バイクの通行料金半額と車載器購入助成求める…自民オートバイ議連逢沢会長ら
◆NEXCO、都市間高速道路の新たな料金割引(案)提出について

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る