トライアンフ、「トロフィー」センタースタンドのセーフティーリコール

トライアンフ・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区一番町 代表取締役:デービッド・ブルーム/David Blume OBE)は、次の内容をセーフティーリコールとして国土交通省へリコール届出をいたしました。

トライアンフ モ-ターサイクルのセンタースタンド左側取付部のフレームの強度が不適切なため、過度な力でセンタースタンドを立てる操作を繰り返すと、当該取付部に亀裂が生じ、最悪の場合、その取付部が破断してセンタースタンドを使用した際にオートバイが転倒するおそれがあります。

トライアンフにとってライダーの安全が最も重要と考え、今般のリコールを発表いたしました。
対象のモーターサイクルにはトライアンフ正規販売店にてセンタースタンド左側取付部にストッパー付ブラケットを追加します。作業時間は約10分間です。

トライアンフは全てのリコール対象のお客様へこのお知らせと最寄りのトライアンフ正規販売店に連絡していただくためのダイレクトメールを発信いたします。

■リコール届出番号:外-2002
■対象モデル :「トロフィー」
■車台番号の範囲:SMTV2H10E9D587208 〜 SMTV2H10E9D589749
■対象台数:9台
※リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれる場合があります。

■お客様お問合せ先:トライアンフコール
TEL 03-5330-7447 (2014年1月9日まで)
TEL 03-6809-5233 (2014年1月14日以降)

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る