ホンダが「ダカールラリー2014」に新型「CRF450 RALLY」を投入!

ホンダは2014年1月に南米アルゼンチン、ボリビア、チリを縦断して開催される「ダカールラリー2014」のモト部門に「TEAM HRC」として、前回に続きワークス参戦する。
ライダーは前回HRCから参戦し7位を獲得したエルダー・ロドリゲス(ポルトガル)および同8位のハビエル・ピゾリト(アルゼンチン)に加え、サム・サンダーランド(イギリス)、ホアン・バレダ(スペイン)、パウロ・ゴンサルヴェス(ポルトガル)の計5名を起用し必勝を狙う。

マシンはダカールラリー2014参戦に向けて戦闘力を高めた新型「CRF450 RALLY」を投入。今年1月に開催された「ダカールラリー2013」に市販オフロードモデル「CRF450X」をベースに開発した「CRF450 RALLY」で、24年ぶりにワークス参戦し話題を呼んだホンダだが、前回は参戦した3台すべてが完走はしたものの、メカニカルトラブルなどから上位入賞は逃した悔しい経緯がある。

新型では前モデル同様、ダカールラリーの厳しい環境変化に対して優位な電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)を搭載し、これまでの実戦で得たデータをもとにエンジン出力、空力性能、耐久性、整備性などを大幅に向上させた完全なニューモデルとなっている。

実車が先の「東京モーターショー2013」でも公開されていたが、全体的にスリム化されて引き締まったフォルムが印象的で、フレームや足回り、マフラー形状なども変更されている様子だった。新型マシンはすでにダカールラリーの前哨戦となる10月の「モロッコラリー2013」および「メルズーガラリー2013」にテスト参戦し、両大会ともに勝利を収めるなど仕上がりも順調。期待が持てそうだ。

なお、Hondaはラリーレースの一層の普及と拡大のため、参戦を目指すチームや個人に対して2014年に「CRF450 RALLY」の量産モデルの市販を予定。まずはダカールラリー2014に参戦するプライペーター3選手に対して、先行量産モデルの貸与とテクニカルサポートを予定しているそうだ。市販モデルの実力はいかなるものか、こちらのほうも併せて注目していきたい。

【関連ニュース】
◆HONDA、ダカールラリー2014への参戦について
[フォトギャラリー]Team HRC HONDA 「HONDA CRF450 RALLY」
[Hondaオフィシャル(映像)]新型CRF450 RALLY 最新プロモーションムービー

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. カワサキは、「カワサキショールーム」をマーチエキュート神田万世橋に期間限定でオープンした。 …
  2. MVアグスタは、群馬県太田市のディーラー「M.C.ファクトリー フクシ」にて1月27日(土)…
  3. ハーレーダビッドソン ジャパンは、1月26日(金)より正規ディーラーにて「ハーレーダビッドソ…
  4. 温かいコーヒー&代表モデルの試乗 群馬県太田市のインディアン正規販売店「M.C.ファクトリ…
ページ上部へ戻る