【新車】SUZUKI、クルーザーモデル「イントルーダークラシック400」を一部変更して発売

スズキ株式会社は、400cm3クラスのクルーザーモデル「イントルーダークラシック400」を一部 変更して、12月27日(金)より発売する。
「イントルーダークラシック400」は、ゆったりと伸びやかなロー&ロングのフォルムに、狭角45°の水冷V型2気筒エンジンを搭載。クロームメッキパーツを多用し、座り心地の良い鞍型シートを 採用するなどクラシカルな外観としているほか、乗車姿勢の自由度が高いフットボードを装備している。

▼イントルーダークラシック400(VL400L4)  

■メーカー希望小売価格:¥829,500(消費税抜き¥790,000)
■発売日:2013年12月27日

■車体色1色:グラススパークルブラック(YVB) 

●主な変更点
・ハンドルトップブリッジ下のSエンブレムを変更した
・黒(グラススパークルブラック)の1色設定とした。
※主要諸元、メーカー希望小売価格に変更は無い。

●主な特長
・タンク上には、一眼の大型スピードメーターと2つの液晶ディスプレイを装備。扇型の液晶ディスプレイには、燃料計を単独で大きく常時表示し、メーター下部の液晶ディスプレイには、最適なシフト操作をサポートするギアポジションの表示を備える他、 時計・オドメーター・ツイントリップメーターを表示する。
・ナンバープレートをテールエンドに配したことにより、フロントフェンダーからテールエンドまで全体の流麗なスタイリングを演出。
・ライディングポジションの自由度が高く、ロングクルージング時の疲労感を軽減するフットボードを標準装備し、シフトペダルは扱い易いシーソー式を採用。

▼イントルーダークラシック400 キャストホイール仕様(VL400CSL4) グラスミッドナイトブラウン

▼イントルーダークラシック400 キャストホイール仕様(VL400CSL4) パールミラージュホワイト

■メーカー希望小売価格:¥861,000(消費税抜き¥820,000)
■発売日:2014年1月10日

■車体色2色:グラスミッドナイトブラウン(YWG)、パールミラージュホワイト(YPA)   

●主な変更点
・ハンドルトップブリッジ下のSエンブレムを変更した
・車体色を茶色(グラスミッドナイトブラウン)と白色(パールミラージュホワイト)の2色設定とした
※主要諸元、メーカー希望小売価格に変更は無い。

●主な特長
・クラシカルなデザインのアルミキャストホイールを採用。
・鋲付の鞍型シートとタンデムシートを装備し、カスタム感を強調した。
・V型2気筒エンジンは、シリンダーのフィンに切削加工を施し、高級感を演出している。
 
「イントルーダークラシック400」シリーズは、ゆったりと伸びやかなロー&ロングのフォルムに、狭角45°の水冷V型2気筒エンジンを搭載。クロームメッキパーツを多用し、座り心地の良い鞍型シートを 採用するなどクラシカルな外観としているほか、乗車姿勢の自由度が高いフットボードを装備している。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る