[YAMAHA]2013 JMX IA1 シーズン レビュー

さらなる飛躍へ向けて新生YSPレーシング躍動 新加入の平田がランキング3位を獲得!
今シーズン、チャンピオン獲得をめざし新たな体制を整えたヤマハ・YSP・レーシング・チーム。新加入の平田優は惜しくもチャンピオン獲得ならず、また田中教世はケガによりシーズン後半欠場と、目標達成はならなかった。それでも2013年、チームは2人の選手を支え続け、ライダーもそれに応えるかのように、平田は2度のヒート優勝でランキング3位、田中は昨年を上回る3度表彰台に立ち、それぞれが前進を果たした。その飛躍に向けたチーム、ライダーの足跡を振り返る。

新生ヤマハ・YSP・レーシング・チーム、平田を加えてファクトリー体制を構築
ヤマハ・YSP・レーシング・チームは、2013年全日本選手権モトクロス・IA1クラス参戦にあたり、2つの大きな変革を行った。ひとつがチームのファクトリー化であり、マシンは市販型YZ450FからファクトリーマシンYZ450FMに進化。さらにライダーも2012年IA1クラスランキング3位の平田優を加え、田中教世との2名体制に強化。チャンピオン奪還に向けて着々と準備を整えた。

この新しいチーム体制は、ライダー個々のモチベーションを大きく刺激。新加入の平田は、第一印象を「一体感のあるチーム」と評し、「本当に頼りになるチームスタッフがそろっているので、そのサポートに応えられるライダーにならないといけない。自分自身、さらに強くなることが必要だね」と意欲をみなぎらせた。

一方、モトクロスをはじめて30年目、国際A級昇格から20年目を迎えたベテラン田中も「本当にすばらしいチーム。僕はこれまでチャンピオンになるためにやってきたが、昨年を上回る最高の環境が整った。夢の実現に向けて、今シーズンがラストチャンスかもしれないという覚悟で、もう一度本気でチャレンジしたい。長年の思いを爆発させたい」と、力強く決意を語った。

そして彼らの言葉は、開幕戦・九州大会でさっそく成績に表れた。その第1ヒート、平田がチームの初レースを2位表彰台で飾ると、昨年ケガに泣いた田中も第2ヒートで同じく2位を獲得し、2012年の開幕戦以来となる表彰台に登場。新生YSPレーシングの実力をモトクロスファンやライバルたちに知らしめる、幸先の良いスタートを切った。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る