[YAMAHA]2013 JRR JSB1000シーズンレビュー

きらめない闘志こそ中須賀克行の真骨頂!大逆転で2年連続4度目のチャンピオン獲得
どれだけ厳しい状況にあっても、ヤマハ・YSP・レーシング・チームの中須賀克行は「絶対にあきらめない」とコメントする。心の集中を切らした瞬間、戦闘意欲や手に入れるべきリザルトはもちろん、ライダーとしての成長さえも失ってしまうことを知っているからだ。とはいえ2013シーズン、連覇を狙う中須賀の前途には、黒く怪しい雲が渦巻いていた。開幕前のテストで満身創痍のケガを負っていたのである。挫けそうな気持ちを押さえ込み、ひとつでも前へ。あきらめない戦いが続く。そして最終戦、ついに歓喜の瞬間が訪れた!シーズン5勝、大逆転でつかんだJSB1000チャンピオンの軌跡をひもとこう。

ケガとトラブルでつまずき流れを失ったシーズン前半戦
JSB1000ディフェンディングチャンピオン中須賀克行は、3月31日、ツインリンクもてぎでの2013シーズン開幕戦を3位で終えた。リザルトだけで見れば、連覇に向けて視界良好、上々の滑り出しといえる。しかし、実際は限界ギリギリの状況だった。開幕直前、鈴鹿サーキットのテストで転倒を喫した中須賀は、左肩を脱臼。加えてもてぎの予選でも転倒してしまい、満身創痍の身体で決勝レースに臨んだ。雨の中、痛みをこらえ本来のライディングができない状態での3位は、これ以上ない成績だった。

その2週間後に行われた第2戦・鈴鹿2&4は、完全に我慢のレース。予選、決勝ともに5番手でレースを終えたが、第3戦は中須賀が得意とするオートポリスで開催される。さらに鈴鹿2&4から約1ヵ月半のインターバルがあり、身体の回復をはかることもできる。今季初優勝への期待が高まった。

予選でポールポジションを奪ったのは柳川明(カワサキ)。しかし中須賀も、加賀山就臣(スズキ)に次ぐ3番手タイムをマークしてフロントローにマシンを並べる。そして決勝レース、終盤にスパートをかけた中須賀は秋吉耕佑(ホンダ)、柳川との激しい戦いを制してみごと優勝。

「まだぎこちないけれど、左肩の可動範囲が広がった。この状態で勝てたことは、チャンピオンシップを考えると本当にうれしい」と語った中須賀だが、続く第4戦・筑波大会ではまたも不運が待ち受けていた。屈指のテクニカルサーキットを攻略し、今季初のポールポジションを獲得して臨んだ決勝レース。津田拓也(スズキ)とトップ争いを展開していた7周目でマシントラブルに見舞われ、突然のスローダウン。無念のリタイアとなってしまったのだ。

こうして、波に乗りきれないままシーズン前半が終了。中須賀はポイントリーダー高橋巧(ホンダ)に17ポイント差のランキング6位で折り返すことになった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る