[YAMAHA]2013 WMX Racing シーズンレビュー

苦闘の2013シーズンに光明をもたらした 新鋭・ローランツがランキング12位

2013年、モンスターエナジー・ヤマハ・チームはFIMモトクロス世界選手権MX1に2名の選手を送り込んだ。2011年MX1ランキング2位に入ったスティーブン・フロサードと初めてMX1にフル参戦するベルギーの若手ライダー、ジョエル・ローランツである。前方ストレート吸気・後傾シリンダーという独自のエンジンレイアウト、フューエルインジェクション、アルミ製バイラテラルビームフレーム採用のYZ450Fをベースにモディファイされたファクトリーマシン「YZ450FM」を駆り、意欲的にシーズンを戦い抜いたヤマハライダーたちの足跡を振り返る。

初のスーパーファイナル方式、ナイトレース。そして暑さとの戦いに戸惑ったシリーズ序盤
2013年のモトクロス世界選手権(WMX)MX1シリーズは、中東カタールGPで幕を開けた。わだちができやすい砂漠に作られたサーキット、夜間レース、MX2クラスとの混走によるWMX初の「スーパーファイナル」方式導入(ヨーロッパ以外の3大会限定)など、何もかもが例年と大きく異なる開幕戦となった。

モンスターエナジー・ヤマハの2人も、初めての体験に戸惑いながら奮戦。フロサードはレース1で転倒を喫したものの、続くスーパーファイナルで8位に順位を上げ、総合9位となった。「懸命に追い上げたんだけど、9位が精一杯だった。もちろん満足できる結果ではないが、シーズンはとても長いし、レースを重ねていけば良くなると信じているよ」

一方、ハイパワーな450ccマシンを激しいコンペティションのなかで操ることに慣れなければならないローランツは、2つのレースをそれぞれ15位と12位でフィニッシュ。MX1デビュー戦を総合13位で終えた。

続く第2戦は初開催のタイGP。こちらもスーパーファイナルが夜間レースとなったが、カタールとは違い、気温30℃をゆうに超える高温多湿の厳しいコンディション。多くのライダーがこの環境に苦しめられるなか、大きな躍進を見せたのがローランツだった。レース1を10位でフィニッシュするとスーパーファイナルでも7位に進出し、総合7位を獲得。「今はまだ75%くらいの状態だから、7位というのは悪くない結果だと思う。でも馴染んでくれば、もっといい成績が出せるはずさ」と明るい笑顔で話した。

一方、レース前に体調を崩したフロサードは苦しい戦いを強いられながら、2つのレースを9位・8位で終え、総合成績ではチームメイトのローランツに続く8位となった。

その後、MX1シリーズはヨーロッパへと舞台を移し、第3戦オランダGPを迎えたが、ここでチームに暗雲が漂う。レース前の練習走行でフロサードが他のライダーと接触。左足掌骨を痛め、決勝レース出場を断念せざるを得なくなったのだ。そのうえローランツも振るわず、レース1では小さなミスを繰り返して14位。レース2では10位に入ったものの、総合11位と平凡な結果に終わった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る