[YAMAHA]2013 MotoGP Racing シーズンレビュー

ロッシの復帰で最強チームを再結成したヤマハ、タイトルを逃すもロレンソが最多勝を獲得

3回目のMotoGPチャンピオンをめざすロレンソは、再びチームメイトとなった最高峰クラス7回のタイトルを持つロッシとともに開幕戦で1-2フィニッシュ。連覇に向けて絶好のスタートを切った。しかし彼らの前に、新しいコンビを結成した強力なライバルチームが立ちふさがる。そしてロレンソの負傷。シーズン中盤には逆転不可能とさえ思えるビハインドを負ってしまったが、このまま終わるわけにはいかない。奇跡を信じて、ロレンソとヤマハの挑戦が続いた…。

■開幕戦優勝のロレンソ&ロッシ ライバルチームの新コンビに苦戦
2013年、ヤマハは2チーム・ライダー4人の体制でMotoGPに挑んだ。ヤマハ・ファクトリー・レーシングからディフェンディングチャンピオンのホルヘ・ロレンソと、3年ぶりのヤマハ復帰となったバレンティーノ・ロッシ。モンスター・ヤマハ・テック3からは昨年ランキング7位のカル・クラッチローと、昨シーズンまでMoto2クラスに参戦していた若手のブラッドリー・スミス。マシンはもちろん、過去6度の世界チャンピオンを獲得したYZR-M1である。

開幕戦は4月7日、例年どおりカタールでのナイトレースが舞台となった。ただ、これまでと異なるのは予選方法。3回のフリー走行と予選1(Q1)で12台がクォリファイ2(Q2)に進出し、15分間、3〜4周のタイムアタックによって上位4列のグリッド順位を争う。そのタイトなチャンスを最初にものにしたのがロレンソ。さらに2番手にはクラッチローがつけ、ロッシは7番手となった。決勝でも、ロレンソが予選の勢いそのままに圧倒的な強さを見せ、独走のポール・トゥ・フィニッシュ。2位にはチームメイトのロッシが続き、クラッチローもホンダのペドロサに次ぐ5位に入った。

ところが第2戦以降、ロレンソはしばらく優勝から遠ざかることとなる。ペドロサと、その新しいチームメイトとなったマルケスが圧倒的な強さを見せたのだ。加えて、第2戦アメリカズGPの会場となったCOTA(サーキット・オブ・ジ・アメリカズ)は開幕前のテストでも攻略に苦慮したコース。「ライバルのペースが速く、ここまでが精一杯だった」と語ったロレンソが3位、続いて4位クラッチロー、ロッシは6位でレースを終えた。その後MotoGPはヨーロッパラウンドに移り、YZR-M1と相性のよいヘレスでのスペインGP、ル・マンでのフランスGPが続いたが、ロレンソは本来の実力を発揮することができなかった。ホームコースのヘレスでポールポジションを獲得したものの、決勝はタイヤのグリップ低下に悩まされて3位。予選2位と健闘したル・マンでは、いきなりのウエット・コンディションにマシンを合わせることができず7位。この時点で、ランキングトップは2勝を挙げたペドロサ、2位にマルケス。ロレンソはトップと17ポイント差の3位に甘んじていた。

ここまでのレースを振り返ると、予選タイムはライバルに対してほぼ互角。しかし決勝では、タイヤとのマッチングを詰め切れず苦戦する傾向があった。すでにチームは、この状況を打開するためデータを集めて問題点を分析し、さまざまな対策を行っていたが、第5戦イタリアGPでようやくその成果が表れ始めた。初日のフリー走行でロレンソ、ロッシ、クラッチローがトップ3を独占。予選こそロレンソがペドロサにわずかに届かず2位となったが、決勝では逆に5秒以上の大差をつけて優勝を果たしたのだ。シリーズポイントでも、ノーポイントに終わったマルケスを抜いて2位に浮上。チームマネジャーのウィルコ・ズィーレンベルグはレース後、「チャンピオンシップの扉がまた開かれた」と喜びを表現した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  2. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
  3. ▲【予想CG】YAMAHA 次期SR400 | 予想発表時期:2018年後半以降 8月末の生産…
  4. 黒のパーツが際立つ独特のデザイン SHOEIは、新作ヘルメット「RYD(アールワイディー)…
ページ上部へ戻る