2014鈴鹿8耐にカワサキがワークス参戦!

2014年の鈴鹿8時間耐久ロードレースにカワサキのファクトリーチームである「チームグリーン」が参戦することが決まった。「チームグリーン」としての鈴鹿8耐参戦は1992年以来、実に22年ぶりとのことだという。

このニュースは12月17日にカワサキの本拠地である西明石で開催された「チームグリーン・結成30周年パーティ」の席上にて発表されたもので、同時にNinja ZX-10Rベースの鈴鹿8耐仕様のマシン、および2014年から一新されることになったチームグリーンのロゴマークも公開された。

ちなみにカワサキによる鈴鹿8耐での優勝は過去に1回だけある。TT-F1最後の年となった1993年に「伊藤ハムレーシング・カワサキ」(スコット・ラッセル/アーロン・スライト組)がZXR-7で激闘の末、悲願の勝利をもぎ取った。その翌年からスーパーバイクレギュレーションへと変更された鈴鹿8耐だが、ワークスレベルでの8耐参戦は2001年のKRT(カワサキ・レーシング・チーム)以来ということになるそうだ。

ライダーには全日本ロードレース選手権・JSB1000クラスにチームグリーンから参戦中のベテラン、柳川明選手と同じく2012年度J-GP2チャンピオンでもある渡辺一樹選手が起用され、2013年に引き続き全日本選手権にも同様に参戦する予定だ。なお、詳しくは正式な体制を含めて来年5-6月に発表するとのことだ。

2013年はスーパーバイク世界選手権でもZX10Rを駆るトム・サイクスがシリーズチャンピオンに輝き、全日本選手権でも同じく柳川選手が年間ランキング2位を獲得。ル・マン24時間耐久レースでも2010年から4年連続で優勝を挙げるなど、進境著しいカワサキである。

昔から「耐久のカワサキ」として世界で名を馳せ、特に欧州では耐久レースでの活躍がセールスへも大きな影響を及ぼすと聞く。カワサキの“本気”が日本のマーケットでも追い風となることは違いないはずだ。

>>>2014年の鈴鹿8耐にチームグリーンの参戦が決定!
>>>Team GREENが2014年鈴鹿8耐参戦を表明!カワサキの直系チームとしては13年振りに復帰!

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る