[HONDA]JMX IA1 2013年総集編レポート

成田亮が連覇、小方誠が2位に躍進し、TEAM HRCが1-2を飾る
CRF450Rを駆るライダーは3選手が優勝してシーズンを席巻

例年になく混戦となったIA1クラスは、成田亮(TEAM HRC)が最終戦での大逆転でV9を達成し、TEAM HRCに2年連続のライダーズタイトルをもたらしました。また、チームメートの小方誠が、最高峰クラスでの初勝利を皮切りに自己ベストとなる総合2位に進出し、星野優位(SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS)も初優勝を遂げるなど、CRF450Rを駆るライダーが躍動をみせた一年となりました。

2012年に18ヒート中14勝を挙げた成田は、さらなる高みとなる全戦全勝を掲げてシーズンに挑みました。4月の開幕戦では、前年同様の強さを発揮してダブルウインを果たし、目標に向けて好発進。

しかし第2戦以降、リズムを崩して苦戦します。このような中で台頭したのが、前年総合6位の小方でした。第2戦ヒート1で、残り3周でトップに立った小方は、IAクラス昇格13年目にして初優勝を飾りました。続く第3戦では、ヒート1で成田が優勝、小方が2位に入り、TEAM HRCがシーズン初の1-2フィニッシュ。ヒート2でも2位に入った小方は、第3戦を終えて総合首位に踊り出ました。一方の成田は、第3戦の勝利以降は勝ち星に見放され、第6戦終了時点で首位に40点差の5位に後退してしまいます。

約1カ月半の夏休みを経て再開された後半戦。ここからCRF450Rを駆るライダーたちが大きな輝きをみせます。第7戦では、最高峰クラス参戦初年度の星野がヒート1で初勝利を手にし、王者の成田がヒート2で復活優勝。調子を取り戻した成田は第8戦でもダブルウインを果たし、最終戦を前に首位と12点差まで詰めます。小方も第8戦ヒート2で2位となり、成田とのシーズン2度目の1-2を飾るなど安定したライディングをみせ、首位に5点差の2位で最終戦を迎えました。

最終戦には、13年のモトクロス世界選手権に出場していたHonda World Motocross Teamのマキシミリアン・ナグルとイブジェニー・バブリシェフも参戦。2人は世界レベルの走りをみせつけ、ヒート1では1-2フィニッシュ。成田が3位で続き、Hondaライダーが表彰台を独占する快挙を達成。ナグルはヒート2も制したことで、CRF450Rはシーズン後半3戦6ヒートすべてで勝利し、ポテンシャルの高さを遺憾なく発揮しました。

タイトル争いをしていた成田は、最終戦で3位/2位で52点を積み上げて350ポイントとし、小方を1点上回って、王者防衛を果たしました。小方は2012年に獲得したポイントから90点も伸ばす飛躍を果たし、総合2位でシーズンを終えました。

【選手紹介】
▼チーム・エイチアールシー
■#1 成田 亮
3歳からモトクロスを始め、地方選手権などで活躍。1994年、14歳で全日本モトクロス選手権の国際B級250ccクラスに初出場し、その年にチャンピオンを獲得しました。

また、同年に史上最年少で国際A級250cc(現在のIA1)ライセンスを取得。96年からは国際A級250ccクラスに参戦し、2002年にチャンピオンを獲得すると、04年まで3連覇を達成しました。

以降もトップライダーとして、全日本モトクロス選手権などの舞台で活躍を続け、12年にはTEAM HRCへ移籍。Hondaの新型ファクトリーマシン「CRF450R」を駆って参戦し、2位に圧倒的なポイント差をつけてIA1チャンピオンに輝きました。

13年もTEAM HRCから参戦し、混戦のシーズンを大逆転の末に制して、全日本3連覇を達成しました。

■#6 小方 誠
ジュニアの全国大会での優勝を経て、2001年に全日本モトクロス選手権にステップアップを果たしました。02年以降は250ccクラスに参戦。04年には国際A級125ccクラスのGP大会で優勝を飾ります。09年に負ったケガのために、しばらく参戦を休止していましたが、11年に全日本選手権IA2クラスに復帰します。このとき、シリーズ終盤に2勝をあげて、復帰シーズンで総合2位を獲得。

IA1クラスで参戦した12年は、第7戦名阪スポーツランドのヒート1で表彰台に立つなど、ランキング6位でシーズンを終えました。

13年は全日本最高峰クラスでの初優勝を果たし、ランキング2位に躍進しました。

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る