清成龍一、BMWに移籍し、BSBに継続参戦

スピードオブジャパンの清成龍一選手が、2014年のシーズンをイギリススーパーバイク選手権(BSB)に継続参戦し、BMWに移籍することが発表されました。

チームは同選手権においてBMWのファクトリーチームとして参戦をしているBuildbase BMW Motorrad Team(ビルドベースBMWモトラッドチーム)。BMWモトラッドUKとホークレーシングがパートナーシップを組み、結成されたチームです。マシンはBMW S 1000 RR、タイヤをピレリ、ゼッケンは23。昨季を同チームから参戦し、年間ランキング5位で終えたジェームス・ウェスモアランドが清成のチームメイトとして、継続参戦することになっています。

清成選手は同選手権の170レースに出場。通算43勝(歴代2位)と10度のポールポジションを獲得。そして3度のシリーズタイトル(歴代1位タイ)を獲得しています。今季の清成はチームにとっての初優勝を目指すとともに、歴代最多優勝回数ならびに単独でのシリーズタイトル最多獲得回数を目指します。

来季のイギリススーパーバイク選手権は4月18日にイギリス・ブランズハッチで開幕をし、全12戦で戦う予定です。

●チーム名:Buildbase BMW Motorrad Team
●ゼッケンナンバー:23
●マシン名:BMW S 1000 RR
●タイヤメーカー:ピレリ
●チームオーナー:スチュアート・ヒッケン

コメント
■清成龍一
「来季をBuildbase BMW Motorrad Teamで戦うことを今からとても楽しみにしています。BMW S 1000 RRの戦闘力は今年の走りを見ていてわかっていますし、来季はこのマシンがBSBを制覇し始める年にしたいです。スチュアート(ヒッケン)もチームとても歓迎してくれていて、とても前向きです。初めてBMW S 1000 RRをテストできる日が待ち遠しいですし、開幕がとても楽しみです」

■スチュアート・ヒッケン、チームオーナー
「清成が来季は我々とと戦うことを発表ができ、大変嬉しく思っています。清成はBSBで最も成功しているライダーのひとりで、豊富な経験の持ち主です。彼の加入により、2014年シーズンはいままで以上の成功をもたらせてくれるでしょう」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る