[HONDA]JRR J-GP3 2013年総集編レポート

一進一退の攻防を制し、山田誓己が初のチャンピオン獲得
2位には3勝を挙げた中学生ライダー國峰啄磨が続く

J-GP3クラスは全7レースが行われ、前年ランキング3位の山田誓己(TEAM PLUSONE & ENDURANCE)と、中学生ライダーの國峰啄磨(Project μ 7c HARC)がそれぞれ優勝を分け合い、4勝をマークした山田が初のシリーズチャンピオンに輝きました。國峰は3勝を挙げて2位に入りました。

この2人は、開幕戦もてぎ大会からそれぞれに光る走りをみせます。予選では國峰がポールポジション(PP)を獲得。決勝では山田がホールショットを奪ってレースをリードしていくと、2番手以下の追随を振りきってゴールし、全日本初優勝。國峰は転倒リタイアとなり、明暗が分かれる結果となりました。

開幕戦を終えたあと2戦の休みを挟み、次開催となった第4戦では、山田がポール・トゥ・ウインで開幕2連勝。國峰は2戦連続で転倒を喫するも、立て直して2位となりました。

第5戦もてぎ大会には、アジアロードレース選手権のアジア・ドリーム・カップに参戦している尾野弘樹(Honda Team Asia)がスポット参戦。尾野は海外で腕を磨いたスピードをみせて、トップでチェッカーを受けましたが、賞典外扱いのため、國峰が繰り上がって優勝。山田は、國峰から離されたものの2位で続き、ランキングトップをキープします。

第6戦SUGO大会は、2人がさらなる激しいバトルを展開。予選では、山田が0.038秒差でPPを獲得、2番手に國峰となりました。しかし20周で争われた決勝では、國峰が序盤をリード。2番手に下がった山田でしたが、10周目に國峰に追いつくと、3番手を走っていた大久保光(HotRacing)を含めた3台が目まぐるしくポジションを入れ替えるバトルを繰り広げます。激闘は最終ラップまで続き、最後は山田が優勝、2位に國峰、3位に大久保となりましたが、3人は0.4秒差以内でのチェッカーでした。

ここまで山田が優勢にシーズンを進めてきましたが、9月に入ると形勢が逆転。第7戦、第8戦と國峰が2連勝を飾り、最終戦を前に互いに3勝を挙げ、國峰はポイントランキングで山田に詰め寄ります。

最終戦もこの2人は激しい攻防をみせ、ラストラップまで息もつかせぬバトルを展開し、最後は0.163秒差で山田が勝利。これで山田の年間チャンピオン獲得が決まりました。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る