グランプリ・コミッションがMoto3クラスの車両費削減を検討

グランプリ・コミッションが、Moto3クラスに車両を提供するKTM、ホンダ、マヒンドラの代表者と共に、125ccクラスからの変更を決断した方針に従い、2015年から施行する車両の料金規定に関して協議。最高額が設定された。

FIM国際モーターサイクリズム連盟は16日、グランプリ・コミッションが10日にスペインの首都マドリード市内で、将来のMoto3?クラスに関して協議を行い、125ccクラスからの変更を決断した方針に従い、2015年から施行する車両の料金規定で合意したことを発表した。

今回のミーティングには、Moto3?クラスに車両を提供するKTM、ホンダ、マヒンドラの代表者も出席。シャーシの最高額は、8.5万ユーロ、エンジンは6万ユーロ(ギアボックスは含まない)に設定された。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る