グランプリ・コミッションがMoto3クラスの車両費削減を検討

グランプリ・コミッションが、Moto3クラスに車両を提供するKTM、ホンダ、マヒンドラの代表者と共に、125ccクラスからの変更を決断した方針に従い、2015年から施行する車両の料金規定に関して協議。最高額が設定された。

FIM国際モーターサイクリズム連盟は16日、グランプリ・コミッションが10日にスペインの首都マドリード市内で、将来のMoto3?クラスに関して協議を行い、125ccクラスからの変更を決断した方針に従い、2015年から施行する車両の料金規定で合意したことを発表した。

今回のミーティングには、Moto3?クラスに車両を提供するKTM、ホンダ、マヒンドラの代表者も出席。シャーシの最高額は、8.5万ユーロ、エンジンは6万ユーロ(ギアボックスは含まない)に設定された。

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る