「軽自動車税」増税決定でバイクも増税に!

「軽自動車税」の増税案が確定した。これにより軽自動車は現在の1.5倍となる年1万800円となり、2輪についても原付などの一部の排気量に関しては、より高い税率への引上げが明らかとなった。

排気量50cc以下の原付は現在の1000円から2000円へ、51cc〜90ccの場合は1200円から2000円へと引き上げられる。また、排気量91cc以上の2輪車は一律で1.5倍の引上げ率となった。

具体的には91〜125ccは2400円(現行1600円)、126〜250ccは3600円(現行2400円)、251cc以上は6000円(現行4000円)に増税されることになる。原付など90ccまでの2輪が割損を食っているように見えるが、これは「最低税率」という考え方を今回から取り入れ、その額を2000円と決定したためだ。

そもそも今回の「軽自動車税」増税という案は、来年から実施される消費税アップに伴う新車販売落ち込みに備えた「自動車取得税」廃止への穴埋めとしての意味合いが強いと言われている。
もともとクルマを購入したときに課税される「自動車取得税」は「消費税」との二重課税となっているため、これを廃止するのは理に適っているが、これを補填するために“とりやすいところからとる”という徴税の在り方はいかがなものだろうか。ともに地方税であり、自治体の苦しい台所事情も分からぬわけではないが……。

スズキの鈴木修会長をして「弱い者イジメだ」と言わしめた今回の増税。2輪の場合、金額にしてみれば年でたった数千円かもしれないが、それでもユーザー心理に及ぼす影響は少なくないはず。せっかく復調してきた2輪市場の勢いに水を差すことがないよう切に願うばかりだ。

<追記>
11日夜の与党税制協議会において以下の決定がなされた。「自民、公明両党は、軽自動車やバイクを持っている人に年1回かかる軽自動車税について、増税対象となる二輪車を、自動車と同様、2015年4月以降に購入した新車に限定する方向で合意した。」2輪ユーザーの負担増が緩和されたことはうれしいことだ。

【関連ニュース】
◆豊田自工会会長、二輪車と軽自動車の増税「残念と言わざるを得ない」
◆軽自動車増税、二輪は新車に限定…自公が合意
◆軽自動車税、原付・二輪で高い引上げ率

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. キムコは、AK550の試乗車を最寄りの正規販売店へ届ける「AK550 テストライドキャンペー…
  2. Honda Suzuka Racing Teamが最終日に2分7秒台を記録 真夏の祭典「鈴…
  3. 募集再開の要望に応えて追加募集決定! 三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで2018年7月26日(…
  4. バイクレンタル、新車中古車販売を行うキズキは、ドゥカティ購入を検討している人に半年間、月額定…
ページ上部へ戻る