HONDA、後付け用品「VT1300CR/CS専用ライトバー」の自主改善

本田技研工業株式会社から、後付け用品として同社が販売したVT1300CR/CS専用ライトバーを装着した車両において、道路運送車両の保安基準に抵触することが判明したため、以下のとおり自主改善を実施する旨の報告がありましたので、お知らせします。

■自主改善開始日:平成25年12月13日

■不具合の内容
後付け用品として販売したライトバーを装着すると道路運送車両の保安基準(前部霧灯の点灯条件、運転者への表示、配光基準)に抵触する。

■改善の内容
全車両、当該ライトバーを取り外し、左側サイドカバーを新品に交換する。

■使用者に周知させるための措置
・販売店を通じて使用者が判明したものは、ダイレクトメール等で通知する。
・弊社インターネットホームページに掲載する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。

■対象の製品名:ライトバー: クロムメッキタイプ

◎部品番号:08V31-MFY-000 ホンダ VT1300CR 用 (型式:EBL-SC66)
・自主改善対象数:62 個

◎部品番号:08V31-MFW-000 VT1300CS 用 (型式:EBL-SC67)
・自主改善対象数:6 個

◎自主改善対象製品の販売期間
平成22年4月28日 〜 平成25年10月8日 合計68個

■お問い合わせ先
本田技研工業株式会社 お客様相談センター
電話番号:0120-086-819

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る