自民オートバイ議連、2輪ETC車載器助成および通行料半額を国交相に要請

自民党オートバイ議員連盟の逢沢一郎会長らが4日夕、太田明宏国交相のもとを訪れ、高速道路を利用するオートバイについて、ETC利用の普及と促進を求める対策を要望した。

要点は2つ。高速道路走行可能な二輪車5万台を対象にした「ETC車載器購入につき1万5000円の助成」。そして「車載器を搭載した二輪車の通行料金を半額に引き下げる」ことだ。

根拠としては、「保有台数当たりのETC搭載率は、乗用車が87.8%あるのに対して、高速道路走行可能な排気量126cc以上の二輪車では11.2%にとどまる。導入までの費用は、四輪車が1万円ほどで個人でも取り付けられるのと比べて、二輪車では車載器の購入費用と取付け費で4万円ほどが必要となる。個人での取り付けはメーカー保証が受けられない」とのこと。

逢沢氏は二輪車における車載器の支援について、二輪車ETCサービス立ち上げ時での小規模な支援に留まっていることを指摘するとともに、「料金所で止まって、手袋を取り、財布を取り出し、お金を払い、領収書をもらいとなると、バイクの場合は時間が4倍も5倍もかかる」と渋滞緩和や環境改善にも役立つことを強調。国交省が進めるスマートインターチェンジの増設をより効果的に機能させるためにも、二輪車ETCの搭載率を引き上げる必要を説いた。大臣室で約10分ほど続いた要望には、今村雅弘幹事長、三原じゅん子事務局長、宮沢ひろゆき事務局次長も同席したということだ。

最近、自民党をはじめ国会議員や政府要人の間でもバイクに寛容というか、シンパな意見が多くなった気がする。つい先日も阿部総理の「国家の一大事にはバイクで首相官邸に乗り付ける」という発言が物議を醸したり、元文科相の小坂参議の「国会議員がオートバイに乗ったら噂になると隠しに隠してきたが、選挙のときは時間短縮のためにオートバイを使うこともやっていた」との発言も印象に残っている。

政府要人がバイクに乗っていることを、堂々とまではいかなくても公言できる世相になってきたということか。バイクがエコで効率的なモビリティであること、そして、文化的な大人の乗り物であることを広く世の中に伝えていくためにも、ぜひ先生方にも頑張っていただきたいものだ。

▼参照元:Response
国交相にETC搭載バイクの通行料金半額と車載器購入助成求める…
自民オートバイ議連逢沢会長ら《中島みなみ》

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【PR】 バーエンドの交換は、安価かつ手軽ながら意外と目立つカスタム。多彩なアフターパ…
  2. 【PR】 画質が鮮明、自動録画や衝撃センサーも重宝する 【ビッグマシン・ゼロ:文…
  3. Hondaは、ロングセラーのロードスポーツモデル「CB400 SUPER FOUR」と、防風…
  4. 【PR】 バンキングがクイック!全てがダイレクトに変化 【ビッグマシン・ゼロ:文…
ページ上部へ戻る