アジア・タレント・カップの開催日程が決定

アジア地域におけるヤングライダーの発掘と育成を目的に開催される『シェルアドバンス・アジア・タレント・カップ』が、カタールのロサイルで開幕。最終戦の舞台は、日本・ツインリンクもてぎ。6大会5会場8レースが予定されている。

シェルアドバンス・アジア・タレント・カップの開催日程が決定。初開催となる2014年は、ロサイル・インターナショナル・サーキットで開幕。8戦目、最終戦は、ツインリンクもてぎで開催される。

アジア地域におけるヤングライダーの発掘と育成を目的に開催される同大会は、初開催前の2月17日から3日間、モーターランド・アラゴンで初テストを実施。10月にセパン・インターナショナル・サーキットで開催された選考会で合格した22名が集結して、ホンダのMoto3マシンを初走行させる。

開幕戦のカタール大会をはじめ、第5戦マレーシア大会、最終戦日本大会は、MotoGP?世界選手権と併催となるが、第2戦インドネシア大会、第3戦中国大会、第4戦マレーシア大会は単独開催。第2戦インドネシア大会と第5戦マレーシア大会は、2レースの開催となる。

■2014年大会日程
3月23日: 開幕戦カタール大会 (ロサイル・インターナショナル・サーキット)
5月10日-11日: 第2戦インドネシア大会 (セントゥール・インターナショナル・サーキット)
6月14日: 第3戦中国大会 (珠海国際サーキット)
9月21日: 第4戦マレーシア大会 (セパン・インターナショナル・サーキット)
10月11日-12日: 第5戦マレーシア大会 (セパン・インターナショナル・サーキット)
10月19日: 最終戦日本大会 (ツインリンクもてぎ)

■2014年テスト日程
2月17日-20日: モーターランド・アラゴン
9月3日-4日: セパン・インターナショナル・サーキット

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る