【新製品】ダンロップ、モトクロス競技用タイヤ 「GEOMAX MX52/MX32」新発売

ダンロップの住友ゴム工業(株)は、モトクロス競技用タイヤ「GEOMAX MX52/MX32」を12月20日(金)から発売します。発売サイズは、GEOMAX MX52が14サイズ(フロント:7サイズ、リア:7サイズ)、GEOMAX MX32が13サイズ(フロント:6サイズ、リア:7サイズ)で、価格はオープン価格です。

「GEOMAX MX52/MX32」は国内外のレースで培ったダンロップの最新テクノロジーで開発したモトクロス競技用タイヤです。当社従来品※1から加速時のトラクション、コーナリング時のサイドグリップ、衝撃吸収性などの主要性能を向上させることで、適応路面コンディションを拡大し、様々な路面において優れた性能を発揮します。発売サイズはGEOMAX MX52が14サイズ、GEOMAX MX32が13サイズで、50ccから450ccまで幅広いモトクロス車両に対応しています。
※1 GEOMAX MX51/MX31

■特長
○CTCS(Carcass Tension Control System) CTCS
タイヤの剛性に大きく寄与するカーカスの張力を最適化する技術(CTCS)を新たに導入し、タイヤ剛性を最適な状態にチューニングすることで路面追従性および走破性を向上させました。また、19インチサイズのリアタイヤでは、サイドウォール部に吸収性に優れる低硬度コンパウンドを採用することにより、路面追従性を一層向上させています。

○PCBT(Progressive Cornering Block Technology)※2 PCBT
リアタイヤのミドルブロックおよびショルダーブロックのブロック表面を二段階の高さとした二段ステップブロック形状にする技術(PCBT)により、タイヤが路面を引っ掻く“エッジ効果”を高め、加速時のトラクション、コーナリング時のサイドグリップおよびスライドコントロール性を向上させています。
※2 GEOMAX MX51/MX31のリアタイヤに採用

○MBD(Multiple Block Distribution)※3 MBD
周方向ブロック配置数をミドル〜ショルダー部に対しセンター部で少なくする配列(MBD)により、路面に対する反力を低減し、接地感を向上させています。
※3 GEOMAX MX32のリアタイヤに採用

■GEOMAX MX52 サイズ
(フロント)        (リア)
60/100-10 33J   70/100-10 41J
60/100-12 36J   80/100-12 41M
60/100-14 30M   90/100-14 49M
70/100-17 40M   90/100-16 52M
70/100-19 42M   100/90-19 57M
90/ 90-21 54M   110/90-19 62M
80/100-21 51M   120/80-19 63M

■GEOMAX MX32 サイズ
(フロント)       (リア)
60/100-10 33J   70/100-10 41J
60/100-12 36J   80/100-12 41M
60/100-14 30M   90/100-14 49M
70/100-17 40M   90/100-16 52M
70/100-19 42M   100/90-19 57M
80/100-21 51M   110/90-19 62M
120/80-19 63M

関連記事

編集部おすすめ

  1. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
  2. ▲【予想CG】YAMAHA 次期SR400 | 予想発表時期:2018年後半以降 8月末の生産…
  3. 黒のパーツが際立つ独特のデザイン SHOEIは、新作ヘルメット「RYD(アールワイディー)…
  4. ライフスタイルエッセイストの小林夕里子がプロデュースする、「モーターサイクル×アウトドアをも…
ページ上部へ戻る