MotoGP 2013年転倒レポート コーナー別転倒数

昨年35回の転倒数を記録したカタルーニャ・サーキットは、今年20回増加の55回を記録。特にバックストレートエンドの10コーナーで8回から28回に急増。最多転倒数を記録したルマンでは、シケインとヘアピンで転倒が多発した。

ドルナスポーツは、2013年シーズンの『ファイナル・フォールズ・レポート(転倒報告)』を発表。第6戦カタルーニャGPの開催地カタルーニャ・サーキットの10コーナーで年間最多の転倒数を記録した。

今年55回の転倒数を記録したカタルーニャ・サーキット。クルバ・ラ・カイシャと呼ばれるバックストレートエンドの10コーナーで、Moto3?クラス決勝レースの1ラップ目に発生した多重クラッシュをはじめ、3クラスの決勝レースで15回の転倒を記録。3日間で28回を記録して、2012年の8回、2011年の7回、2010年の12回、2009年の10回を大きく上回った。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
  2. BMWは、同社の扱うBMW Motorradの誕生95周年を記念して、2018年4月に開業…
  3. 【カワサキ KLX150】ディテール&試乗インプレッション タイカワサキ製のKLX150は…
  4. さらに魅力的で個性的な雰囲気に ドゥカティは、スーパースポーツのカラーラインナップに、…
ページ上部へ戻る