MotoGP 2013年転倒レポート コーナー別転倒数

昨年35回の転倒数を記録したカタルーニャ・サーキットは、今年20回増加の55回を記録。特にバックストレートエンドの10コーナーで8回から28回に急増。最多転倒数を記録したルマンでは、シケインとヘアピンで転倒が多発した。

ドルナスポーツは、2013年シーズンの『ファイナル・フォールズ・レポート(転倒報告)』を発表。第6戦カタルーニャGPの開催地カタルーニャ・サーキットの10コーナーで年間最多の転倒数を記録した。

今年55回の転倒数を記録したカタルーニャ・サーキット。クルバ・ラ・カイシャと呼ばれるバックストレートエンドの10コーナーで、Moto3?クラス決勝レースの1ラップ目に発生した多重クラッシュをはじめ、3クラスの決勝レースで15回の転倒を記録。3日間で28回を記録して、2012年の8回、2011年の7回、2010年の12回、2009年の10回を大きく上回った。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 日本郵便は、10月19日(木)から全国の郵便局(一部の簡易郵便局は除く)と「郵便局のネットシ…
  2. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  3. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  4. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
ページ上部へ戻る