MotoGP マルケスとロッシ、 新旧天才の隣に「無二のパートナー」あり

2013年、MotoGP参戦初年度にチャンピオンを獲得した20歳のマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)は、今季全18戦中16戦で表彰台に上がった。一方、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ・ファクトリー)も2000年に21歳で最高峰クラスへデビューしたが(当時はナストロアズーロ・ホンダ)、その年の成績は全16戦中10回の表彰台獲得、という内容だった。ランキングは2位で終えている。

後年になってロッシは、「最初からチャンピオンを狙うつもりで挑んでいればデビューイヤーでの王座獲得はけっして不可能ではなかった」と、このシーズンを振り返り、「1年目は学習しようという姿勢で臨んだ戦略は失敗だった」とその後何度も公言している。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る