MotoGP マルケスとロッシ、 新旧天才の隣に「無二のパートナー」あり

2013年、MotoGP参戦初年度にチャンピオンを獲得した20歳のマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)は、今季全18戦中16戦で表彰台に上がった。一方、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ・ファクトリー)も2000年に21歳で最高峰クラスへデビューしたが(当時はナストロアズーロ・ホンダ)、その年の成績は全16戦中10回の表彰台獲得、という内容だった。ランキングは2位で終えている。

後年になってロッシは、「最初からチャンピオンを狙うつもりで挑んでいればデビューイヤーでの王座獲得はけっして不可能ではなかった」と、このシーズンを振り返り、「1年目は学習しようという姿勢で臨んだ戦略は失敗だった」とその後何度も公言している。

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る